FC2ブログ

新緑の林道を二軒小屋へ

昨年の秋に訪れた東俣林道、紅葉の素晴らしに感動しました。今回新緑の東俣林道の企画参加させてもらいます。
車中泊します。4時間かけ畑薙ダムに来ました。

朝の畑薙ダム。


吊り橋や赤い橋を見ながら緑の回廊を走ります。








赤石ダムまで来ました。


湖水の水鏡には、幻想的な景色が映り出されています。








渓流沿いにさらに奥へと進みます。







感じの良い道です。カラマツの新芽が美しいです。




二軒小屋上流の田代ダム、凄い水量です。


トンネルを抜けた所で引き返します。


お腹がすきました、ベンチで昼食を食べます。
スポンサーサイト

天空の茶畑

平山のお茶畑を観に行きたいと思っていたのですが、登りの事を考えて二の足を踏んでしまいます。
しかし今行かないと、もう行けなくなってしまいます。意をけっして出かけます。
85k

田子の浦漁港。富士山は霞んでいます。


富士川河口ではめずらしく桜エビ干しが…


興津川河口と三保半島。


興津川をさかのぼります。


大とっくり。


本格的な登りにそない笑味の家で一休み。


渓流沿いに木漏れ日の道を登ります。


シャガが群落を作っています。


辛い登りが続きます。


やっと穂積に着きました。


平山。天空のお茶畑








脚が売れ切れました。清水から電車で帰ります。輪行袋は持参しています。

富士山と茶畑

昨日の雨があがり今朝は富士山がクッキリ、お茶の新芽も出揃う頃。自転車に乗ります。
65k

昨日の雨が雪だったよう、白さを増しています。


今宮。富士山と茶畑のコラボが美しいです。大勢のカメラマンが三脚を立てています。






途中、焼津のMさんと遭遇。向かい風を走って来たとの事、沼津から輪行で帰るそうです。


大渕笹場。こちらも大勢の人出です。




岩本山。新芽が出揃っています。






帰りにレンゲと新幹線と富士山を観ていきす。中腹に雲でかかりました。



福島さくら紀行其の3

最終日、帰るだけです。
只見から六十里越え経由で小出に抜けたいですが、冬季通行上。
ただ高速で帰るのもつまらないので、とりあえず阿賀野川沿いに新潟方面に向かいます。

昨夜やっかいになった道の駅喜多の郷。
車中泊のシルバー世代が多数。


北国にもようやく春が来ました。




民家のしだれさくら。


磐越西線、山都駅舎のさくら。


阿賀野川にかかる跨線橋、


阿賀町、薬師堂にある杉の巨木、樹齢1000年以上。




小千谷名物、へぎそばを食べたらさぁ高速で帰りましょう。

福島さくら紀行其の2

あいにくの曇り空です。
今日は三春、郡山、田村、会津若松、喜多方の1本桜を訪ねます。

三春滝桜。樹齢1000年神々しいです。
まだ6時ですが大勢の人です。






名も無き1本桜たち。






浪岡邸の桜。樹齢400年のしだれさくらが3本、今年は良く咲いたとの事。




さくら色に染まる三春の町。




八十内かもん桜。


番付西の横綱、紅枝垂地蔵桜。樹齢400年。滝桜の子孫と言われています。




上石の不動桜。のどかな山里に立つしだれさくらです。この周辺のしだれさくらの古木は滝桜の子孫と言われています、鳥が種を運んだのかなぁ






会津若松に来ました。
石部桜。樹齢600年のエドヒガンです。




白虎隊終焉の地、飯盛山に寄ってみます。中学の時に来た記憶しがあります。
50年以上前ですが。





鶴ヶ城は駐車場が混んでると思うし2ヶ月前にも来たのでパスします。
喜多方へ向かいます。

喜多方日中線跡のシダレサクラの並木
木は若いですが3kあります。






さあ寝場所を探しましょう。
プロフィール

旅の轍

Author:旅の轍

現在のお客様
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
フリーエリア
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード