無事走って来ました

始めて訪れる瀬戸内、四国の旅でしたが 、天気にめぐまれ、トラブルも 無く
予定のコースを周る事ができました。けっこうハードでしたが自転車でなければ
体感できない事も多々あった気がしています。 
                                  546k
   
29日
      岡山まで輪行、12時をまわっています。今日の予定は尾道まで約100kです。 
           003_convert_20100503203004.jpg 

  とりあえず三大庭園後楽園を見学。
008_convert_20100503203503.jpg 007_convert_20100503203233.jpg 
 
   白壁が有名な倉敷の街並み、連休で大勢の人で賑わっていました。
012_convert_20100503203628.jpg 014_convert_20100503203826.jpg

  尾道へは20時着、尾道ラーメンを食べ渡船で向島へ、ほんの5分料金110円
           向島から望む尾道の夜景
     016_convert_20100503204000.jpg 

30日
  昨夜はバス停の軒先を借りて野宿、この建物は映画のオープンセットに作ったそうです。  
      017_convert_20100503204135.jpg

  今日は「しまなみ海道」です。
  勘違いをしていました。自転車で走れるのは橋の部分だけ、島は一般道を走ります。
  道はサイクルロードとして良く整備され,海を渡る道として自転車海苔の憧れになって
  いるようです。
  島の西側、海岸線沿いに因島大橋をめざします。 
                                                             因島大橋
023_convert_20100504091532.jpg 024_convert_20100504091644.jpg
段構造になっています。
上が車、下が原付、自転車、歩行者。            因島は野菜作りが盛んのようです。
027_convert_20100504091746.jpg 028_convert_20100504091851.jpg


    生口橋を渡り、生口島に入ります。
029_convert_20100504092018.jpg 030_convert_20100504092119.jpg 

  平山郁夫美術館、生口島とどんな縁かは判りませんが、立派な建物です。
                              いつものようにセコク玄関先だけで中には入りません。

   033_convert_20100504095450.jpg              034_convert_20100504095557.jpg

   次は多々羅大橋です。
 035_convert_20100504095707.jpg   037_convert_20100504095812.jpg
                             車道と区別され走りやすい。
 042_convert_20100504095909.jpg   043_convert_20100504100049.jpg 

 大三島橋、伯方.大島大橋、来島海峡大橋を走り四国本土へ渡ります。
 色々な自転車海苔と行きかいます。ただこのコースをロードでカッ飛ばすのはもったい
 ないです。レンタルショップもいたる所にあるようです。
  045_convert_20100504103157.jpg 047_convert_20100504103310.jpg                   051_convert_20100504103412.jpg 056_convert_20100504103632.jpg
 
     瀬戸内の島々。 富士山のある西伊豆の方が勝っているか?
 031_convert_20100504103752.jpg 040_convert_20100504103848.jpg

その後向風の中、西条経由で約80k単調な走りで今日の宿泊予定地伊予三島へ。
                                        152k

1日
  昨夜のねぐらは伊予三島の運動公園の一角です。
              隣が斎場なのが気になりますが静かで良く寝れました。
      064_convert_20100504165246.jpg 
                         へんろ道の道標がいたる所にあります。お遍路さんの休憩所です。
 海岸を離れ山懐に入ります。   記帳のノートを拝見、色々な思いと前向きな気持ちが記載されていました。   
066_convert_20100504165426.jpg 068_convert_20100504165534.jpg

峠を越え阿波の国、池田に入ります。吉野川をさかのぼり大歩危目指します。
JR土讃線も並行しています。
071_convert_20100504165649.jpg 076_convert_20100504165804.jpg 

      大歩危を泳ぐこいのぼり。
     079_convert_20100504165911.jpg

 西祖谷まで又峠越えです。           長い西祖谷トンネル気を使います。 
082_convert_20100504175738.jpg 083_convert_20100504175841.jpg 

          かずら橋、観光客でにぎわっていました。
       087_convert_20100504180028.jpg

         山肌に張り付くように立つ祖谷の集落。
                    谷は深く険しいです。狭い山道の登りがつずきます。
090_convert_20100504180135.jpg 093_convert_20100504180237.jpg 

祖谷そば、二段かさねです。
  舌触りのある短めのむかし懐かしい味です。        案山子の里。人の形のかかし何体も

094_convert_20100504180454.jpg 096_convert_20100504181213.jpg 

長い登りを終えようやく剣山の駐車場着、17時をまわっています。大幅に予定オーバー
予定地までまだ60kあります。無理です・・・  急な下りを転がる様に下ります。
098_convert_20100504181338.jpg 099_convert_20100504181448.jpg 
誤算でした。降りてきた最奥の集落から又峠越えが待っていました。
闇夜です。街の灯りも見えません。登りはまだしも、下りは最悪です。ブレーキ握りぱなし
ガードレールとキャツアイの明かりだけがたよりです。開き直りです。「夜道は暮れない」
自分を落ち着かせます。ようやく灯りのある所まで下って来た時は、救われた気持ちでした。
神山道の駅に着いたのは夜9時近く、早々シュラーフにもぐり込みました。
                                       149k

2日
 バイクのお兄ちゃんもテントを張っていました。
 白装束で自転車で八十八ヶ所を周っている方ともお会いしました。
       100_convert_20100504181558.jpg

 徳島まで降りてきました。阿波踊り会館を見学、眉山へは時間とロープウェー代を
 ケチってパス。
102_convert_20100504190454.jpg 103_convert_20100504190606.jpg

 吉野川を渡り、一番札所霊山寺を目指しますが、看板も無く道が判りません。
 交番できいても要領をいません。その後何回も尋ねようやく到着。
105_convert_20100504190704.jpg 106_convert_20100504190804.jpg

 三番札所まで周る。お遍路姿の人たちが大勢いました。
113_convert_20100504191531.jpg 114_convert_20100504191004.jpg

 峠を越え讃岐の国にはいります。    讃岐うどん。腹が減っていたので天丼のセット。
116_convert_20100504192218.jpg 120_convert_20100504192329.jpg

 讃岐うどん2杯目                高松に入り栗林公園を見学。 
121_convert_20100504192429.jpg 122_convert_20100504192527.jpg
125_convert_20100504192641.jpg 126_convert_20100504192748.jpg 

 瀬戸の夕日。  駅のそばは海、夕日がきれいです。
127_convert_20100504193624.jpg 131_convert_20100504193722.jpg

                                     
今夜のねぐらは桟橋です。夜のアベック、夜明け前の
                                     お年寄りの散歩、安眠できませんでした。   
132_convert_20100504193829.jpg 133_convert_20100504193951.jpg

3日
 旅の最終日です。坂出までわずかな距離です。

 朝のすがすがしい空気の中坂出をめざす。       さぬき浜街道、有料道路です。自転車20円
137_convert_20100504194102.jpg 135_convert_20100504194228.jpg

 瀬戸大橋公園、巨大な橋です。         讃岐うどん3杯目
138_convert_20100504194358.jpg 142_convert_20100504194509.jpg

 坂出駅にもどり旅終了。             瀬戸大橋を列車で岡山へ
141_convert_20100504194634.jpg 143_convert_20100504194737.jpg
スポンサーサイト

瀬戸内、四国を走りに行ってきます

昨年のゴールデンウィークは下北、津軽、男鹿半島を周って来ましたが、今年は
29日から3日まで瀬戸内、四国を走りに行って来ます。
夜行寝台のサンライズ瀬戸で行きたかったのですが、切符が取れませんでした。
    29日朝一番の新幹線で岡山まで行きます。
29日 三島(輪行) ⇒ 岡山 ⇒ 尾道
30日 尾道 ⇒ しまなみ海道 ⇒ 今治 ⇒ 伊予三島
1日  伊予三島 ⇒ 西祖谷、東祖谷 ⇒ 神山
2日  神山 ⇒ 徳島 ⇒ 鳴門 ⇒ 高松
3日  高松 ⇒ 坂出(輪行) 岡山 ⇒ 三島 
大まかなコースですが、どうなるかわかりません。今回の目的は、しまなみ海道
を走る。八十八ヶ所の札所を二、三ヶ所回る。讃岐うどんを腹一杯食べる。
    何はともあれ、事故にあわずに帰れれば、すべて良しです。

ブリジストンCX900昨年買ったものです。
自転車の事は良く判りませんが、気に入ってます。ただ負荷がかかるとコツコツするのが気になります。
リアーにミノウラのキャリーを取付ます。輪行袋はオーストリッチ320少々かさばりますが、丈夫です。
チューブ1本持参します。もっと色々持っていくべきとは思いますが、対応ができません。
トラブったら、そこで敗退です。

  024_convert_20100425222646.jpg
 

 今回も野宿の予定です。一晩くらいは宿へ泊まろうとも思っています。
 装備は最小限にします。 輪行時持てません。
 左下から1人用テント昨年購入しました。ICI石井製です。
 シート、エァーマットはかさばるので持参しません。普段せんべい布団なのでさほど苦になりません。
 羽毛の半シュラフ東京の専門店で購入、もう35年も前ですが。
 ゴアテックスのシュラフカバー、ゴアテックスが出始めの頃でたいへん高かった記憶があります。
 次もゴアテックスの雨具、少々かさばります。防水性がだいぶ落ちています。
 ザックカバー、バックに掛けて走ります。
 左上 ガスコンロ、燃料は残量が半端なので2個持ちます。
 鍋兼食器これも年代ものです。
 バックは長男が高校の時使っていた、お古です。
 他小物はリックで背負います。
    026_convert_20100425222800.jpg  
  
028_convert_20100425223017.jpg
  029_convert_20100425223111.jpg
 
 野宿は時間に左右されず、自由気ままです。行動も日の出からに日没まで動けますが雨の日は最悪
 です。この齢になると、色々な意味で辛いものが有ります。
 野宿場所の選定ですが、トイレ、水道が有り夜露をしのげる所がベターです。
 無人駅、営業の終わった道の駅、公園のあずまや等か良いです。ただ若いお兄ちゃんにイジメられない
 ようにしないと。
 食事は昼と夜は地元のB級グルメを頂きます。朝は自炊、コンビニむすびとインスタント味噌汁程度です。
 予報では天気も良さそうです。気をつけて行ってきます。

プロフィール

旅の轍

Author:旅の轍

現在のお客様
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード