日本一周14日目

本州最北端大間に到着しました。北海道へは明日朝のフェリーで渡る予定です。
昨日民宿に逃げ込んだのが正解でした。夜半からの雨がまだ止んでいません。カッパ
を着込んでの出発です。出がけに宿のオバチャンがドリンク剤とあめ一袋を差し入れて
くれました。北国の人はやさしいです。オバチャンありがとう・・・
結局大間まで雨は止みませんでした。

陸奥⇒大畑⇒風間浦村⇒大間    61k
天気  雨⇒曇り

大間には12時に到着、昼飯も食べ、今夜の寝場所も確保 。今温泉センターでボケーと
しています。

沼津⇒大間  14日間 走行距離 1,535k

自転車の調子  まあまあ

体調 ケツ痛い  体重 変化なし

本州北上13泊の内、宿に泊まったのが2泊、道の駅4泊、キャンプ場1泊他は公園の
アズマ屋や空き地でした。
キャンプ場は気兼ね無くテントが張れますが比較的道路から奥まった所に有るのが
難点です。
道の駅はまわりの店が閉まってから張るようしています。

1日の行動パターンですが4時過ぎには起き6時~7時には出発します。午後3時のは
切り上げる様に心がけています。

予算1日3,000円 細かい事はつけていませんが、宿泊費を抑えれば何とか収まるのでは
ただ暑くなるとジュース、アイスの消費が多くなります。

食事は朝、夕はなるべく作る様に心がけています。内容は人に話せるものではありません
100円でかったキャベツを3日間毎日食べています。体力がもたないから量だけは食べる
ことにしています。

頭の痛いのが電源確保と寝場所の確保です。今は第三者がすぐ警察に通報、騒ぎになる
ことがあるようです。

北海道に入ると宿泊環境も良くなると思いますが・・・



霧にけむる津軽海峡
001_convert_20110624152702.jpg



大間到着、マグロ一本釣りのモニュメントの前で。
003_convert_20110624153217.jpg
スポンサーサイト

日本一周13日目

今15時を過ぎたところ、尻屋崎の休憩所に一人います。立派な休憩所で今夜のねぐらに
したいのですが、17時には閉めるとの事、ねぐら探しもたいへんです今夜は雨の予報も
出ています。

その後テントの張れる適当な場所が無く陸奥まで来ました。今夜は雨予報、民宿に泊まる
ことにします。 朝食付き4300円ヤッス
今夜はパソコンに入れてある竹山の三味線を聞きながら寝ることにします。

ここまでの走行
三沢⇒六ヶ所村⇒東通村⇒尻屋崎   99k ⇒132k

天気  曇り

小川原湖、この周辺には高い木が無く荒涼としています。どこか北海道を連想させる
風景です。

001_convert_20110623145241.jpg
 

周りは荒涼とした原野ですが、この一角は立派な施設がいっぱいあります。
原発がらみの金が・・ この村は原燃でもっているのでしょう。
003_convert_20110623145455.jpg 

原燃のPR館だそうです。見学したかったのですが時間が早く見る事はできません
でした。
004_convert_20110623145631.jpg 


尻屋崎灯台に到着、周りは牧場になっています。
005_convert_20110623145906.jpg 


寒立馬(カンタチメ)足の太いがっしりした体格の馬です。
寒風吹きすさぶ厳冬にもこの地で放牧されています。そこから名前がつけられた
様です。 
006_convert_20110623150057.jpg 

008_convert_20110623150244.jpg

日本一周12日目

今日は天気が良く気温も上がっていますが多少風が有り一昨日の様なことはなかった
です。コースも平坦で交通量もさほどではなく走り良かったです。

岩手町⇒二戸⇒八戸⇒三沢     139k
天気 晴れ

道の駅で会った凄人
 *リヤカーに荷物を積んで歩いて日本一周中の名古屋の若者、1年数か月かけての
  旅だそうです。1日35k歩くそうです。バックパッカーでアジアも旅したとのこと、
  この旅が終わったらネパール、チベット、シルクロードを旅する予定だそうです
  ぜひ自分の夢を実現させて下さい。ただ額に汗して働くひとの税金で作られた
  道を歩かしてもらってる事も忘れないで。

 *メシを食っている時話しかけてきた横浜から来た73歳の元ヨットマン、この方も
  も凄いです。60代に8年かけカヌーで日本一周したそうです。その後山に転身し
  300名山を目指しているとの事。軽のワゴンで寝泊りしながる一か月間の旅で
  東北の山を登るとのこと、とても73歳には見えません。今まで税金をたくさん
  納めたので思う存分楽しんで下さい。


歩いて日本一周の若者
                                                                   
001_convert_20110622175656.jpg
 

    
二戸駅、街の割には立派な駅で新幹線も停まります。
ここでも沼津の宣伝を行う。
この周辺は戸(へ)の付く地名が多いです。一戸、二戸~九戸、昔の南部藩の
領土だった。その南部氏のルーツは山梨県の南部町だそうです。 

003_convert_20110622180132.jpg


八戸のフェリーターミナルは地震の被害でまだ閉鎖です。 もし日程が遅れるようなら
ここから苫小牧に渡る予定なのに何も調べていませんでした。
004_convert_20110622180640.jpg 
 


道の駅「みさわ」立派です。寝る所もコンセント確保できると思ったら夜7時には閉鎖
するから出で行ってくれとのこと。おい、おい何のための道の駅なの・・・

005_convert_20110622181124.jpg

日本一周11日目

今朝はくもりで気温も高くなく走り易かったのですが午後から雨にたたかれました。
それでも昨日の炎天下の峠越えに比べればまだ楽なものです。

遠野⇒花巻⇒盛岡⇒岩手町     106k

天気  曇り⇒雨(15時頃から上がる)

パソコンの電源、コンセントをことわって使用しても馬鹿な客が110番し騒ぎになった
との事。神経を使います。
 
出会った人たち
 *水戸で呼び止められた同世代のタクシーの運ちゃん。若いころ兵庫から水戸まで
   自転車旅行をしたことを誇らしげに語ってくれました。
 *岩沼の市役所で会ったJAのお兄さん地震の時の事を話してくれました。津波が
   くる前、水がひいて川底が見えただ事ではないと、思ったそうです。
 *仙台に向かう途中で呼び止めた若者、財布を落とし石巻まで帰れないから1000円
   貸してくれとの事、まんざら嘘で無い様なので名刺と一緒にわたしました。
 *道の駅「上品の郷」で16連泊の京都からきた犬連れのおじさん。ボランティア
   をやっているとの事。幕場を仕切っていました。
 *立派なキャンピングカーの仙台のIさん差し入れありがとうございました。
 *同じく道の駅で話かけてきてくれた。ボランティアグループのホンタさん自身も18歳
  の時東京から山口まで自転車旅行しその紀行を出版しています。
  *関西からきたカナダ育ちのイケメンの若者、ナビでの先導ありがとう、迷わず南三陸
  までたどり着くことができました。
 *千葉の二人連れのかた、軽トラを自作でキャンピングカーに仕立てたそうです。被災地
  には三度めだそうです。もう一人の方は東大卒だそうだす。酒の勢いもあり原発問題を
  熱く語っていました。 
 *家が近くなのになぜか道の駅に泊まるりんご農家のオッチャン、東北弁でりんごの話
  をしてくれます。摘果はわかるのですが摘花は知りませんでした。道の駅の入った
  地図大変役にたちました。有り難うございました。
 

何線かは判りませんがメガネ橋のたもとの道の駅に泊まりました。誰もいなく静か
でした。
 
 001_convert_20110621155703.jpg
 


宮沢賢治記念館、時間が早く入ることが出来ませんでした。
002_convert_20110621155953.jpg
 

盛岡到着。
003_convert_20110621160147.jpg
 

有名な石割桜
004_convert_20110621160449.jpg
 

岩手県庁で沼津のPR活動
006_convert_20110621160629.jpg

日本一周10日目

今遠野にいます。
今日はバテバテの一日でした。昨日南三陸町を見ましたが、陸前高田も見たほうが
良いと言われ、峠越えして海岸まで約50k下ります。今日も暑かったです。夕方5時を
過ぎても気温27°を表示していました。陸前高田から遠野までも峠越えです。熱中症に
ならないようスポーツドリンクをガブ飲みします。昨夜の睡眠不足がたたり睡魔が襲って
きます。フラフラ状態でした。公園で30分ほど寝たら回復しまいた。


道の駅「かわさき」⇒千厩⇒陸前高田⇒住田町⇒遠野   133k
天気  晴れ

明日は盛岡に出て行けるところまで北上しようと思っています。

陸前高田の惨状
何千、何万の人の営みが一瞬でガレキにまりました。
ここに街が有ったことすら想像が出来ないくらいの惨状です。

002_convert_20110620205012.jpg
003_convert_20110620205331.jpg 007_convert_20110620205642.jpg 008_convert_20110620205922.jpg


景勝地「高田松原」の赤松無残にへし折られています。
012_convert_20110620210221.jpg

 
奇跡的に2本だけがが立ったまま残っています。枯れないことを願います。
014_convert_20110620210539.jpg 


遠野はボランティアの基地になっています。全国から大勢の方が駆けつけているとの事です。
街でもそれらしい若者を良く見かけます。
何にもお手伝い出来ないことに後ろめたさを感じながらも明日は北上します。
018_convert_20110620210819.jpg
プロフィール

旅の轍

Author:旅の轍

現在のお客様
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
フリーエリア
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード