大空と大地の中で (1)

北海道を走ってきました。

仕事の方も窓際になり、休暇も取りやすくなりました。今まで取れず仕舞いの代休が
20日以上たまっています。お盆休みと代休4日を合わせ14日~24日の11日間の
予定で思いきって行って来ました。

コースは
旭川から入り美瑛、美馬牛~富良野~落合と南下し、ここから然別湖、糠平~層雲峡
~上川と大雪山、十勝連峰の山麓を一周します。
さらにサロマ湖~網走~知床とオホーツク沿いを走り、峠を越え羅臼~標津~根室
~厚岸、ここから北海道観光の定番摩周湖、屈斜路湖、釧路湿原を廻り飛行機で帰って
来ました。走行距離は1158㎞でした。詳細は後日報告します。

色々たいへんな事も有りましたが、たいしたトラブルも無く無事走るきる事が出来ました。
今頭の中は浦島太郎状態です。明日から社会復帰出来るか心配です。
スポンサーサイト

大空と大地の中で (2)

8月14日(土)
  三島発一番の新幹線に乗ります。
  旅を実行出来るかは直前まで未定でしたが、東北新幹線「はやて」の指定券と釧路
  からの航空券は一ヶ月前に確保しておきました。航空料金、釧路→羽田通常41,200円
  ですが 一ヶ月前だと18,100円で買えます。おかしな話です。
  東京駅はお盆まっさかりで大勢の人がホームにあふれています。大荷物を抱えての
  輪行は辛いものが有ります。
  八戸からはスーパー白鳥で函館へ、特急北斗で札幌へ、さらにスーパーカムイ。
  新幹線特急5本を乗り継ぎ約14時間かけ旭川に到着しました。自転車を組み立て
  今夜のねぐら神楽岡公園に向かいます。市街からわずか3kの所ですが自然豊かな
  公園でキャンプ場 も併設されています。
  テントを張り終え、落ち着いたのは夜11時を過ぎていました。

   東京駅から「はやて」に乗り込みます     八戸からスーパー白鳥で函館へ
2010+08+14_2058_convert_20100825210544.jpg
 2010+08+14_2059_convert_20100825210624.jpg

                     札幌には輪行のグループがいます
                    2010+08+14_2061_convert_20100825210705.jpg


8月15日(日)
  6時前には出発します。大雪、十勝山系の西側を南下し丘の町美瑛、美馬牛に向かい
  ます。雑誌などで色彩鮮やかな畑の写真を見かけますが、今は時期が遅いようです。
  十勝連峰も雲にかくれています。トウモロコシ、ジャガイモ畑は本土とは比べようない
  スケールで続いています。
  途中大きなポプラの樹があります。40年代ケンとメリーのスカイラインのコマーシャル
  使われたそうです。
  「北の国から」のロケ地、麓郷に向かいます。富良野から登り基調でけっこう距離が有り
  ます。ツアー客が大勢います。
  一言に富良野と言っても上富良野から南富良野までは約60kあります。
  南富良野に向かっている途中で雨に降られました。カッパを着て峠を越えます。道の駅
  に着きましたが、ねぐらに適当な場所はありません。しかたなく金山湖まで下ります。
  大きなテントが何張りも有りますが、私のテントは1人用、みすぼらしいので別の場所を
  探します。近くのアズマ屋を拝借しました。
  正解でした。雷を伴った大雨が明け方まで続きました。  

           旭川 神楽岡公園のキャンプ場、自然豊かな場所です。
2010+08+15_2039_convert_20100825221332.jpg 2010+08+15_2041_convert_20100825221418.jpg
 
   
                   美瑛の丘   今は時期が遅い様です。  
2010+08+15_2043_convert_20100825221501.jpg 2010+08+15_2045_convert_20100825221548.jpg


   ケンとメリーの樹                    美馬牛のひまわり畑
2010+08+15_2047_convert_20100825221638.jpg 2010+08+15_2048_convert_20100825221718.jpg

  富良野の玉ネギ畑                  北海道の補給処セイコマート
2010+08+15_2054_convert_20100825222023.jpg 2010+08+15_2049_convert_20100825221758.jpg

    富良野駅到着                    麓郷へ向かう途中で   
 2010+08+15_2050_convert_20100825221842.jpg 2010+08+15_2051_convert_20100825221936.jpg

                    五郎さんの石の家と初めての家
2010+08+15_2056_convert_20100825222117.jpg 2010+08+15_2057_convert_20100825222158.jpg


       つづく

大空と大地の中で (3)

8月16日(月)
  出発する頃は雨もあがり太陽が照りつけています。雨で濡れてる1本道を狩勝峠を
  目指します。ダラダラとした登りは続きますが、激坂もなくあっけなく峠到着です。
  峠100選で石狩平野、十勝平野ど眺望が素晴らしいです。
  峠を下った所がそばの産地、新得です。そば畑は白い花盛りです、時間が早くそば
  を頂くことは出来ませんでした。
  鹿追から然別湖までは直線的な登りが延々と続きます。暑いです、ともかく暑いです
  この日関東地方は38℃を越えてたそうです。
  幾人ものオートバイ乗りが追い越し際に手をあげて行きます。激励しているのは解り
  ますがイマイチ素直になれません。「あんたにこの辛さがわかるか・・・・」
  天の助け小さなスーパーがあります。牛乳500cc一気飲み、カップのかき氷アイスを
  丸かじりし体を冷やします。
  然別湖からは日陰も有り、高度も上がったためか大分楽になりますた。峠を又一つ
  越え糠平へ入ります。
  今夜はゆうべ予約を入れておいた「東大雪ぬかぴらユースホステル」に泊まります。
  ユースホステルは若者の安宿のイメージですが、今は利用者のほとんどが中高年
  しかもリピーターが多いそうです。
  今夜のお客は男性7名、女性2名、私の他は高級バイクに乗った中高年です。
  夕食はみんな一緒に食べます。29年連続で毎夏来ている人、5月に
来て又 夏に来
  た人、皆この宿の常連のようです。
  自転車の事誉められました。今日の事、明日越える峠の事、スゴイ、スゴイと、嬉しく
  なります。  「ライダーもなかなか良い人たちではないか・・・」
  夕食後、男性陣はオーナーの車で10kほど離れた秘湯ホロカ温泉の露天風呂に
  連れて行ってもらう事になりました。星の奇麗な夜です。エゾ鹿も現れました。
  ライダーも自転車海苔もみな旅人、対抗意識も消えて無くなりました。


昨夜の大雨もアズマ屋のおかげで濡れずにすみました     雨上がりの1本道を峠に向け走ります
2010+08+16_2021_convert_20100826220556.jpg 2010+08+16_2024_convert_20100826220649.jpg

  狩勝峠到着です                   遠く十勝平野を望みます
2010+08+16_2025_convert_20100826220735.jpg 2010+08+16_2026_convert_20100826220820.jpg

                新得はそばの産地一面のそば畑です
2010+08+16_2029_convert_20100826220906.jpg 2010+08+16_2031_convert_20100826220957.jpg 

                 道路は脇の原生林
2010+08+16_2032_convert_20100826221049.jpg 2010+08+16_2035_convert_20100826221128.jpg

  やっと然別湖に着きました             さらに峠を越えます
2010+08+16_2034_convert_20100826221229.jpg 2010+08+16_2036_convert_20100826221325.jpg

                           みんなで一緒に食べます                              
 
東大雪ぬかぴらユースホステル                    しゃれた夕食です           
2010+08+16_2037_convert_20100826221409.jpg 2010+08+16_2038_convert_20100826221453.jpg


8月17日(火) 
    今日は北海道の国道で標高が一番高い三国峠を越え層雲峡、上川へ向け走ります。
  昨夜フトンに寝れたので調子はよいです。原生林の1本道には「ヒグマ注意」、
  「鹿飛び出し注意」の看板がいたる所にあります。たしかに地表をササに覆われた
  密林いつヒグマが出てもおかしくない雰囲気です。
  途中広い盆地にでます。ここは廃線になった士幌線の終着駅「十勝みつまた」です。
  当時の賑わいは無く、今は樹林の中に2軒だけが残っています。
  三国峠への本格的な登りにかかります。坂はきついですが昨日のような暑さはあり
  ません、眺めも最高です。眼下の樹海、遠くの山々まで見渡せます。
  峠から層雲峡まで一気の下りです。途中子グマが出たと騒いでいました。残念ながら
  私には見ることが出来ませんでした。
  層雲峡の手前に3.3㎞の長い銀河トンネルが有ります。車道と歩道とがはっきり分か
  れています。怖いので歩道を走ります。大型トラックやバスがすごいスピードで走り抜け
  ます。風圧でよろけます。北海道の道は、広く走り易いですが車はスピードを出します
  高速道路を自転車で走ってる様な気にもなります。
  2本の雄大な滝を見学し、ビジタセンターで層雲峡の成り立ちを教わりました。
  上川で自転車をたたみ遠軽まで1時間半の輪行です。再び組み立て今夜のねぐら
  湧別の道の駅急ぎます。ここは日帰り湯と併設です。10時の閉館までねばり、キャ
  ンプ禁止の看板を見ない振りをしテントをはりました。

   
  昭和62年廃線になった士幌線      糠平湖 渇水期には士幌線の陸橋が現れるそうです
2010+08+17_1998_convert_20100827005032.jpg 2010+08+17_2002_convert_20100827005117.jpg

 かつての終着駅 十勝みつまた           三国峠を目指し登ります 
2010+08+17_2004_convert_20100827005204.jpg 2010+08+17_2007_convert_20100827005246.jpg


   峠到着                          恐怖の銀河トンネル
2010+08+17_2009_convert_20100827005329.jpg 2010+08+17_2010_convert_20100827005408.jpg 

              2010+08+17_2011_convert_20100827005454.jpg 
                            

                            遠軽駅から再び走ります
2010+08+17_2016_convert_20100827005537.jpg 2010+08+17_2020_convert_20100827005619.jpg


     つづく  第2ステージ オホーツクへ

大空と大地の中で (4)


 8月18日(水)  
    早く出発します。良い天気です。今日は平坦な道が続きます。サロマ湖、能取湖、網走       
  へさらに斜里、ウトロまで走ります。サロマ湖に出ると遠く知床の山々が望めます。

  一人の自転車海苔に追い付きます。昨夜同じ道の駅に泊まった人です。日本一周中
  で大阪から1ヶ月かけて来たそうです。私より1つ年上の61歳で11月迄かかるそうで
  す。 凄いですね・・
  彼と能取湖沿いのサイクルロードを抜きつ抜かれつ網走まで走りました。
  網走刑務所、流氷博物館を見学します。
  小清水原生花園は時期が遅かったようですが、斜里岳がみごとです。知床の連峰も
  近くに見えます。
  オホーツク沿いにひたすらペダルを漕ぎます。夕日が沈む頃ウトロ到着です。
                          167km ケツが痛いです。

 
                     朝のサロマ湖
2010+08+18_1974_convert_20100827214007.jpg 2010+08+18_1977_convert_20100827214102.jpg 

廃線跡のサイクルロード 快適な道です
   網走まで約30k続きます                網走刑務所
2010+08+18_1979_convert_20100827214145.jpg 2010+08+18_1984_convert_20100827214246.jpg

     流氷博物館                  オホーツクの海と斜里岳
2010+08+18_1987_convert_20100827214348.jpg 2010+08+18_1988_convert_20100827214451.jpg  

 小清水原生花園の斜里岳              知床連山
2010+08+18_1990_convert_20100827214554.jpg 2010+08+18_1992_convert_20100827214652.jpg  

   オシンコシンの滝                  ウトロ港に沈む夕日
2010+08+18_1994_convert_20100827214753.jpg 2010+08+18_1997_convert_20100827214836.jpg



8月19日(木)
  キャンプ場の朝は残飯をあさるカラスの鳴き声で起こされます。
  今日は知床遊覧と知床五湖の観光です。その後知床峠を越え羅臼に入る予定です。
  ゆっくりキャンプ場を後にします。8:15分の観光船「オーロラ」 に乗り込み、知床 半島
  を海から眺めます。多くの観光客います。
  知床五湖は大勢の観光客で賑わっています。世界遺産に登録され観光ポイントとして
  組み込まれているようです。来年から入場料を取り人数を規制するようです。
  20年ほど前、訪れた事ありましたが当時は静かで知床の秘境と呼ばれていました。
  途中エゾ鹿、キタキツネと出会います。人を恐れる事もなく又媚びる事もなく草を食べ
  ていました。
  知床峠の登りにかかります。太陽がギラギラ、道路からは陽炎が立ち路面に車が映っ
  ています。日陰を求め反対車線をゆっくり走ります。峠からは最高峰、羅臼岳がすぐ
  そこです。羅臼まで一気にくだります。途中熊の湯の露天風呂に入ります。熱いお湯
  です。塩のふいた長袖のインナーを水洗いし、そのまま着込み下ります。冷たく気持ち
  良いです。
  今夜のねぐらは羅臼から10kほど離れたオートキャンプ場です。国後を正面に望む
  素晴らしい所です。テントサイトまで電源が引かれ、洋式の便座はヒーター付き、トイレ
  ットペーパーの先端は三角に折って有りました。私の知る限りではロケーション、設備
  共一番です。料金も大分取られるのでは・・・ 私の場合管理人のいなくなってから入る
  ので料金は払った事はありませんが・・・


   国設ウトロキャンプ場              観光船「オーロラ」
2010+08+19_1929_convert_20100827221511.jpg 2010+08+19_1931_convert_20100827221545.jpg

                 船上からの知床半島の眺め                     
2010+08+19_1935_convert_20100827221714.jpg 2010+08+19_1940_convert_20100827221801.jpg

                            カモメが追いかけて来ます
2010+08+19_1941_convert_20100827221839.jpg 2010+08+19_1945_convert_20100827221927.jpg

                            羅臼岳を湖面に映す知床五湖
2010+08+19_1947_convert_20100827222017.jpg 2010+08+19_1951_convert_20100827222108.jpg

                          エゾシカはゆうゆうと草を食べています
2010+08+19_1954_convert_20100827222148.jpg 2010+08+19_1961_convert_20100827222235.jpg

 キタキツネも出て来ました                 峠からの羅臼岳
2010+08+19_1962_convert_20100827222330.jpg 2010+08+19_1964_convert_20100827222427.jpg
                           
                          国後を正面に望む
   熊の湯の露天風呂                羅臼みどり村のオートキャンプ場    
2010+08+19_1968_convert_20100827222513.jpg 2010+08+19_1971_convert_20100827222604.jpg

        まだまだ続きます

大空と大地の中で (5)

8月20日(金)
  曇っています。天気がもつか心配です。気温は20℃を下回っています。
  国後島も見えません。

 忠類川
  川幅、深さもさもない川ですが、大きい魚が群れています。大きさからカラフトマスと
  思われます。もう遡上が始まっています。

2010+08+20_1910_convert_20100830212342.jpg 2010+08+20_1909_convert_20100830212255.jpg

 標津川沿いにあるサーモンパーク
  時間が早かったのでまだ開いていません。良い野宿ポイントが有る等と思いブラブラ
  していたら女性従業員が挽きたてのホットコーヒーを恵んでくれました。
  心に沁みる一杯でした。

         2010+08+20_1911_convert_20100830212433.jpg  


  太平洋に突き出た小さい半島、野付半島を走ります。両側が海で荒涼とした景色が
 続きます。
 
2010+08+20_1917_convert_20100830212525.jpg 2010+08+20_1918_convert_20100830212609.jpg

                 原生花園の可憐な花たち
2010+08+20_1919_convert_20100830212703.jpg 2010+08+20_1922_convert_20100830212838.jpg

 ここから開陽台を目指し予定でしたが、この天気では眺望は期待できません。
 予定を変更し強い向かい風の中根室に向かいます。
 行き交うライダーもめっきり少なくなっています。厚床経由でやっと根室へさらに25k
 走り納沙布へ 182㎞ 向かい風の中頑張りました。

2010+08+20_1925_convert_20100830212917.jpg 2010+08+21_1886_convert_20100830213231.jpg

      納沙布岬 鈴木食堂特製さんま丼セット、久しぶりにまともな食事です。
              これでも足りずラーメンを追加しました。

            2010+08+20_1927_convert_20100830213003.jpg 

  今日のねぐらはこの食堂のライダーハウスです。一度泊まって見たいと思っていました
  が客は私一人だけ、15畳ほどの広さです。テレビも付いています。お茶も用意してくれ
  ていました。一人大の字になって寝ました。
2010+08+21_1885_convert_20100830213153.jpg 2010+08+20_1928_convert_20100830213045.jpg

8月21日(土) 
  今日も天気がスッキリしません。日本一早い朝日も見る事ができません。
  朝飯抜きで6時前に出発です。納沙布の北側の荒涼とした風景の中を走ります。

   四島返還モニメント                                納沙布灯台
2010+08+21_1887_convert_20100830215935.jpg 2010+08+21_1888_convert_20100830220022.jpg

  
  納沙布の風景                            根室車石

2010+08+21_1890_convert_20100830220112.jpg 2010+08+21_1893_convert_20100830220148.jpg 
   
       厚床から北太平洋シーサイドラインを走ります。この周辺は常に
                 強風が吹いています。
   
           2010+08+21_1897_convert_20100830222207.jpg 

 浜中町はコンブの産地、庭先に干しています。
2010+08+21_1900_convert_20100830220422.jpg 2010+08+21_1898_convert_20100830220342.jpg

          アップダウンを繰り返し霧多布に着きます。
2010+08+21_1895_convert_20100830220239.jpg   2010+08+21_1902_convert_20100830220512.jpg

            カモメが仲良く整列しています。
       2010+08+21_1905_convert_20100830220553.jpg

           パンクです。1回位は覚悟していました。修理し厚岸に向かう
                2010+08+21_1906_convert_20100830220636.jpg   

 今夜は厚岸の遠藤旅館に泊まります。途中で予約を入れました。
 ここは毎年北海道を訪れている方のホームページで料理が最高と書いてありました。
 あの料理で1泊2食5,800円、ヤッス

  
8月22日(日)
  昨夜からの雨がまだ上がりません。待っていても仕方がないのでカッパを着て8時に
 宿を出ます。予定より1日早く進んでいるので、北海道の観光の定番、摩周湖、屈斜路湖
 を加えます。厚岸駅です。雨も上がりそうです。
 20年ほど前、子供を連れ家族で車で北海道を訪れた事がありました。朝早く厚岸駅に
 着いたが食べ物屋はどこも開いていません。駅の隣から良いにおいがしています。営業前 
 でしたが無理を言って分けてもらいました。 氏家のかきめしでした。
 今も同じ場所で営業していました。
 
2010+08+22_1867_convert_20100830222922.jpg 2010+08+22_1871_convert_20100830223010.jpg
  
 道道14号を標茶に向かいます         途中で道路に座り「かきめし」を食べます
        車はほとんど通りません         20年前と同じ味でした。
2010+08+22_1869_convert_20100830223052.jpg 2010+08+22_1872_convert_20100830223142.jpg

  弟子屈経由で摩周湖へのきつい登りにかかります。
                           霧の摩周湖も今日は良く見渡せます。
2010+08+22_1874_convert_20100830223224.jpg 2010+08+22_1878_convert_20100830223311.jpg

 
     硫黄山                     屈斜路湖 砂湯
2010+08+22_1881_convert_20100830223352.jpg 2010+08+22_1882_convert_20100830223438.jpg

           和琴半島の露天風呂、湖とつながっています   
          2010+08+22_1883_convert_20100830223517.jpg 


8月23日(月)
 今日は釧路まで下り基調で100k弱、時間的には余裕が有るのでゆっくり出発します。
 5時すぎに起き昨日の露天風呂で朝風呂です、湖と同じ目線で湖に入っている様です。
 この旅最後の自炊です。昨日炊いたご飯の残りをお茶ズケで食べます。
 釧路川沿いに湿原を目指します。

2010+08+23_1858_convert_20100830224631.jpg 2010+08+23_1859_convert_20100830224716.jpg

  道路の両側は牧場、トウモロコシ畑が広がっています
                              途中の観光農園
2010+08+23_1860_convert_20100830224755.jpg 2010+08+23_1861_convert_20100830224834.jpg

    シラルトロ湖                    サルボ展望台からの湿原
2010+08+23_1862_convert_20100830224918.jpg 2010+08+23_1863_convert_20100830225007.jpg

 ノロッコ号                       
  釧路湿原の観光のメダマになっています    3時前に釧路に着きました
2010+08+23_1864_convert_20100830225044.jpg 2010+08+23_1865_convert_20100830225122.jpg

 市内散策でもと思っていたのですが雨です。それに半袖では寒いです。
 早々にホテルに入ります。雨脚は一段と強まります。北海道全域に大雨洪水注意報が
 出されました。


8月24日
 雨は降り続いています。カッパを着ての出発です。
 こざっぱりした格好で帰りかったのですが、濡れネズミです。
 タンチョウ釧路空港到着、自転車をたたみ飛行機の輪行です。荷物検査でゴムのりを
 没収されてしまいました。出発の時でなく良かった。
      2010+08+24_1857_convert_20100830225233.jpg
 12時15分予定どうり飛行機は北海道を離れます。 又いつ来れるか・・・

三湖台、青木ヶ原 トレイル

マウンテン部会主催、三湖台、青木ヶ原樹海トレイル参加しました。
  メンバー
     TAさん、焼津Mさん、ニシナ隊長、yasuさん、それに私の5名です。

軽トラ車載で集合場所精進湖に向かいます。
013_convert_20100808211746.jpg


       モチヤ前のコンビニで補給です。富士山がクッキリ見えます。
                              011_convert_20100808211849.jpg

                       精進湖から国道経由、紅葉台の急坂を登ります。
                         015_convert_20100808212817.jpg 

さらに山道を登り、今日の最高地点三湖台到着。
樹海の眺めが素晴らしいです。
016_convert_20100808212125.jpg 

   東海道自然歩道を下ります。
    チョト怖いです、隊長、yasuさんの後を慎重に下ります。
    その後青木ヶ原に入り樹海の中の歩道を走ります。
             010_convert_20100808212251.jpg 

                           予定を延長し本栖湖まで下る。
                            019_convert_20100808212206.jpg
                          精進湖へもどり、自然観察路を一周しデポ地へ。

野菜の時間です。

    夏野菜が最盛期をむかえています。

       2010+06+22_1401_convert_20100623215258.jpg 

  ナス、キュウリは多く獲れます。
                     2日も空けると大きくなりすぎます

2010+08+05_1820_convert_20100805220136.jpg 2010+08+05_1823_convert_20100805220240.jpg


      ミニトマトは良く獲れますが、大玉はイマイチです。
2010+08+05_1818_convert_20100805220025.jpg 2010+08+05_1819_convert_20100805215930.jpg 


      枝豆は失敗です。
    実が入りません 。肥料が効きすぎているのだろうか? 難しいです。
           2010+08+05_1821_convert_20100805220338.jpg

プロフィール

旅の轍

Author:旅の轍

現在のお客様
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
フリーエリア
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード