第三ステージへ

私こと
6月10日を持ちまして43年間のサラリーマン生活に終止符を打ちます。
昨年2月に60歳を迎え定年退職しましたが、その後嘱託として同じ仕事をしていました。
年金を満額貰えない今は、定年退職者の八割は4,5年嘱託として残ります。会社とし
て もそれなりにスキルを持った人たちを半分の給料で使えるのでメリットが有るのでしょ う。
別段会社に不満を持っている訳ではありません。給料が安いといっても他で稼ぐとなる と 並大抵の事ではありません。
現場をはなれ仕事に余裕ができ、今は定時に帰れ、土、日もカレンダーどうり休めます。 自転車に乗ったり、野菜を作っり、三味線を弾いたり、たまに植木屋をやったり、それな
に恵まれ、充実した休日を送ることが出来るようになりました。
ここ数年月日の経つのがすごく早いように感じています。来年はオヤジの亡くなった齢に なります。このまま日々を過ごしてしまう事に不安を感じていました。
今の世の中、働ける所があるのに何贅沢言ってると思われるかもしれませんが、諸般を 勘案し今が潮時と考え思い切りました。
第二ステージに入った時のことを良く覚えています。新潟県北の片田舎の百姓の次男坊 の私は学校を卒業すると家をはなれ、一人働きに出る運命になっていました。それは兄 弟 も同級生も同じです。30年代、40年代前半は地方から多くの若者が流れてきました。
学生服を着、一人上野行きの夜行に乗ったのが昨日の事のように思い出されます。
寂しさ より期待感のほうが大きかった様な気がしています。仕事は何をやりたいかより
自分の力 で金を稼ぎたい気持ちだけでした。
富士山に憧れ、身寄りも知り合いもいない静岡県に出て来て会社の寮に入った時、布団 と 柳行李の荷物が全財産でした。
それから色々なことがありました。自分をどれだけ成長させ、自己実現できたかははなは だ疑問ですが、家庭を持ち、子供も何とか一人立ちし、今は孫のいる身になりました。まがりなりにも人並みの生活を送って来れたのも、ひとえにサラリーマン生活を続けて来 れ たからと思っています。
さて第三ステージで何を行うか。
     自給自足を目指す、農的な生活。
     津軽と沼津の二ヶ所生活。
     植木屋「夢津軽」の創設。
     自転車で北米、オーストラリアを走る。
     三味線を持って全国行脚。
     ニューヨークの路上、パリの地下鉄でストリート演奏。
色々と夢みたいな事を書きましたが、気力と体力の有るうちに何かサラリーマン時代に出 来 なかった事をやってみたいと思っています。
また暫らくしたら何か仕事を見つけ世間とつながっていたいとも考えています。
何はともあれ妻とふたり健康で清貧な生活を送れることが一番と思っています。














スポンサーサイト

富士山周遊道路

季節は確実に移行しています。
この間まで桜を追いかけいましたが、今は富士山と新緑をを求めてのツーリングです。
今日は富士山が見えませんが、御殿場から周遊道路を走り、あわよくば五合目まで上がる
事 をもくろみ8時00分出発します。
                                 15時30分帰宅    96㎞

滝ヶ原まで来ましたが、やはり富士山は雲の中です。
046_convert_20110521193926.jpg

長い登りが続きます。この辺まで上がると新緑もまだ萌木色です。
047_convert_20110521194307.jpg

富士桜はまだ健在でした。 
049_convert_20110521194554.jpg 

富士山が顔をだしました。 
  水ヶ塚からの富士山
050_convert_20110521194752.jpg 

2合目から上は地震の影響でいまだに閉鎖状態です。女性警備員に止められました。
バテバテだったので良い言い訳ができました。
051_convert_20110521194957.jpg 

富士山の森に入ってみました。
                    富士山の巨樹
052_convert_20110521195201.jpg
 
053_convert_20110521195451.jpg 

西臼塚からの富士山
054_convert_20110521195640.jpg 

ここから大渕林道を下ることにします。悪路にタイヤを取られコケてしまいました。
055_convert_20110521200043.jpg 

下界まで下ると富士山は雲に隠れてしまいました。
前回休みで食べる事が出来なかった、原田の駅ソバを頂きました。
056_convert_20110521200305.jpg

位牌岳&愛鷹林道

ハイキング部会課題の位牌岳。天気も良いし、新緑もきれいだし、待ち切れず行って見る事にしました。
自転車海苔としては、アプローチは自転車で行かなければなりません。8時00分自宅出発
柳沢、運動公園経由で辛い坂を登ります。水神さんで水を補給し愛鷹林道支線に入り登り
口に到着です。9時45分登山開始。

2011+05+15_4078_convert_20110515183154.jpg


いつも渇水している「つるべ落としの滝」ですが、今日は勢い良く落下しています。 
2011+05+15_4082_convert_20110515183416.jpg
 

ここから本格的な登りになります。新緑のきれいな沢沿いの道ですが、岩のゴロゴロして
いて 歩きずらいです。

2011+05+15_4080_convert_20110515183515.jpg 

しばらく登ると気持ちの良い林相になります。
                   この辺はようやく芽吹きが始まったばかりです。
2011+05+15_4085_convert_20110515183612.jpg 

稜線にでると風が通り抜け、富士市、三保方面が良く見渡せます。

2011+05+15_4087_convert_20110515183712.jpg 

位牌岳到着12時20分。富士山がきれいです。
2011+05+15_4090_convert_20110515183759.jpg

14時40分登山口へ降りてきました。
時間が少し遅くなりましたが林道を走る事にします。支線をそのまま走り、大沢林道支線、
愛鷹林道を走り、茶畑に降りてきました。
2011+05+15_4096_convert_20110515183855.jpg 

この時期の茶畑は新芽が出そろい緑がきれいです。

2011+05+15_4097_convert_20110515183942.jpg

17時 帰還 52㎞    明日からの筋肉痛が心配です。

野菜の時間

気温の上昇と共に野菜たちも活発に活動を始めています。
2011+04+10_3732_convert_20110410203626.jpg


サヤエンドウは収穫が始まっています。花をいっぱい付け今月末まで収穫できます。 
2011+05+04_4014_convert_20110505210204.jpg
 

今年は大サヤエンドウにしました。普通のキヌサヤに比べ大ぶりです。実も柔らかく
美味しいです。

2011+05+04_4012_convert_20110505210114.jpg

春キャベツは葉をまるめ始めています。 
2011+05+04_4015_convert_20110505210249.jpg


ジャガイモもぐんぐん成長しています。 
2011+05+04_4021_convert_20110505210509.jpg 

夏野菜の定番、トマト、ナス、キュウリも植えました。風対策はもうしばらくやっておきます。
2011+05+04_4017_convert_20110505210410.jpg

先日播いたホウレンソウが芽を出しました。 
2011+05+04_4016_convert_20110505210328.jpg 

アスパラは成長が早く2日も空けると大きくなり過ぎます。自家製は甘くて美味しいです。
2011+05+04_4022_convert_20110505210558.jpg

樹空の森

先週オープンした富士山のテーマパーク「樹空の森」の見学を兼ね、富士山麓ポタに
出かけて来ました。
                                         77㎞
御殿場地方の鯉のぼりは幟旗も立ち豪華です。

2011+05+05_4002_convert_20110505192055.jpg


御殿場市は基地を抱えてる関係で財政が豊富、色々な施設があります。
この施設建設の有無が市長戦の争点になって反対派の市長が当選したのですが結局
作る事になったようです。

2011+05+05_4005_convert_20110505192235.jpg
 
子供の日も手伝って大勢の人たちで賑わっています。施設の豪華さの割に展示内容は
イマイチの感。
2011+05+05_4004_convert_20110505192145.jpg 

十里木に廻ります。   子供の国のろっくん
2011+05+05_4010_convert_20110505192327.jpg 

岳南原田の駅ソバを食べたかったのですが、    残念”
2011+05+05_4011_convert_20110505192404.jpg

日本海へ其の四


昨夕の景色です。日本海に沈む夕日、雲が多く夕焼けにはなりませんでした。

001_convert_20110503113456.jpg




昨夜の天幕場、海水浴場のトイレとシャワー室です。水道とコンセントが有り多いに利用
させてもらいました。
波の砕ける音を聞きながらですが、疲れも手伝って熟睡できました。
 
004_convert_20110503113755.jpg


海岸の朝は早いです。目が覚めると何名もの釣り人が波打ち際で竿を振っています。
しばらくすると犬を連れた人たちが散歩に来ます。
私も今日は帰るだけなので、のんびりと過ごします。
005_convert_20110503114109.jpg 


7時30分、出発輪行する直江津までは僅かの距離です。途中鵜の浜温泉に寄って
みました。石油の採掘で温泉が出たとのことです。
007_convert_20110503114304.jpg 


まだ早い時間なのに日帰り温泉はやっているとの事、旅のアカを落として帰ろうと思い
入っていきます。まだだれもいなく貸切風呂です。
008_convert_20110503114445.jpg


大荷物です。松本、身延線経由だと乗り換えが多いし、長野新幹線で帰ろうかな?
新幹線にしました。今車中の人となりブログを更新しています。
010_convert_20110503114826.jpg 

日本海へ其の三

ここは小布施道の駅に併設されている立派な公園です。野外ステージの上にテントを張り
ました。おかげで十分睡眠がとれました。
6時には出発、117号を飯山に向け走ります。北信五岳も眺められます。天気は大丈夫
でしょう。

001_convert_20110502172033.jpg



千曲川は雪解けで水量が非常に多く、付近の山々には多くの残雪が残っています。
 
003_convert_20110502172206.jpg
 

道路沿いにもまだこんなに残っています。当初予定の峠越えは通行止めで断念です。
十日町まで大回りをしなければなりません。
004_convert_20110502172345.jpg 


松之山、松代の頸城地方は日本の原風景を色濃く残す魅力的な所です。
一度は訪れたいと思っていました。

松之山の美人林
ブナの純林です。今の時期新芽が綺麗です。
011_convert_20110502172534.jpg 


至る所に有る棚田はまだ雪の下です。水の張られた頃見てみたいと思います。
016_convert_20110502172729.jpg 


計画より30キロよけいに走ってしまいました。 17時すぎ柿崎の海岸に到着  134㎞
原の海岸から汲んできた太平洋の海水を日本海に注ぎます。
今夜はここで日本海の荒波の音を聞きながら寝ます。
021_convert_20110502172913.jpg

日本海へ其の二

最近道の駅ではワゴン車、キャンピングカーなどの車中泊の人たちが増え夜中でも賑わって
います。ただゴミを持ち帰らないため、いつもゴミ箱からあふれ出しています。
ただで利用させてもらっているのだから・・・

夜中から雨でした。テントも濡れてしまいました。じっとしている訳にもいきませんカッパを着て
6時45分出発します。

002_convert_20110501192452.jpg
 


昨日道の駅で会った人です。犬を連れて横浜から小谷村まで300キロ歩くそうです。
昔高校の先生をやってて今は不登校の生徒の面倒をにているそうです。
いろいろな人がいます。


001_convert_20110501192323.jpg 


途中に咲いてたコブシの花、信州にはコブシが似合います。
003_convert_20110501192637.jpg 


桜もまだまだ健在です。
004_convert_20110501192816.jpg


上諏訪から雨の中辛い登り続きます。靴の中で足が泳いでいます。
雨は小降りになり上がりそうですが、濃霧で景色が見えません。和田峠まできましたが
この状況では、美ヶ原はあきらめ下る事にします。
005_convert_20110501193010.jpg 


上田まで下ると雨もあがりました。 
更埴の「あんずの里」はもう終わっていましたが、道中あちらこちらで咲いています。 
007_convert_20110501193433.jpg  


道に迷いながら、ようやく小布施到着。こじんまりした清潔感のある町です。
010_convert_20110501193620.jpg   


ねぐらの公園をさがします。看板がなく、人に尋ね訪ねして18:00着きました。  158㎞
遅くなってしまったし、疲れてもいるので夕飯は併設の食堂で食べます。
あずま屋が何ケ所も有り、テント場にはこまりません。野外ステージで寝ることにします。
パソコンの電源確保が悩みです。
明日は頸城山地を超え日本海まで行く予定です。

012_convert_20110501193806.jpg
プロフィール

旅の轍

Author:旅の轍

現在のお客様
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
フリーエリア
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード