日本一周51日目

知内から函館まで約50k、北海道を走るのも今日が最後です。
昨夜は宿に入り、衣類の洗濯、体の洗濯、睡眠も十分取り快適です。
北海道は広いです。渡島半島、石狩から函館まで 海岸線を走り約560k、6日間かかりました。
北海道には停滞も含め37日間いました。走行距離は約3,200kになりました。自分ながら
良く走った と思います。前半は雨にたたられましたが、後半は天気に恵まれ予定どうり函館に帰ってきま した。
函館は明日から港まつりです。花火も有ります。明日は函館で過ごし、2日に青森に渡り
「ねぶた祭り」に参加予定です。

知内⇒木古内⇒北斗⇒函館  56k
天気 曇り

函館のライダーハウス「ミートハウス」に泊まります、ここで旅の途中で知り合ったライダー
1名、チャリダー2名の方と再会しました

強い横風を受けをますが行程短いので気は楽です。
001_convert_20110731164522.jpg
 

函館山が見え始めました。
002_convert_20110731164805.jpg 

函館には今も路面電車が走っています。
009_convert_20110731165039.jpg
スポンサーサイト

日本一周50日目

北海道の蚊は恐ろしいです。
キャンプ場で夕食を作り始めると決まって大群で襲ってきます。手でつぶすがとても
追いつきません。服の上から平気で刺してきます。足の露出部分には20ヶ所以上刺され
赤い斑点になっています。

上ノ国町⇒松前⇒福島⇒知内  105k
天気 曇り⇒晴れ

今日は知内で宿をとりゆっくりします。明日は北海道の最終地函館まで50k、ラストラン
です。

野の花の咲く道、海をずっと右方向に眺めて走っています。

002_convert_20110730194208.jpg



55k走り松前にやってきました。
003_convert_20110730194350.jpg 


福島町は横綱千代の山、千代の富士の故郷。ちなみに隣りの知内町は北島三郎の
故郷です。
004_convert_20110730194533.jpg

日本一周49日目

今日は行動予定が短かいのでノンビリします。キャンプ場を9時前に出発します。
江差かその先の上ノ国町を予定します。
昨日の向かい風とは違い今日は若干の追い風、道路も平坦で走り良いです。ただ北海道
もこの辺まで来ると暑さも増してきます。

大成⇒乙部⇒江差⇒上ノ国町  68k
天気 晴れ



奇岩の海岸線がまだまだ続きます。
001_convert_20110729162730.jpg
 
002_convert_20110729162912.jpg 


親子熊岩、海に落ちた小熊を親熊が助けるところだそうです。たしかにそのように見えて
きます。
003_convert_20110729163122.jpg 


江差と言えば追分、江差追分会館に立ち寄ります。ちょうど実演が行われていました。
地元の女性チャンピオンののびやかな声と三味線の伴奏での江差追分、良かったです。
006_convert_20110729163304.jpg 

せっかく来たのだだからと思い、青坂 満先生から江差追分の手ほどきを受けてきました。
2時間ほど会館で過ごしました。
008_convert_20110729163630.jpg 


幕末に活躍した開陽丸、後ろに見えるのがカモメ島です。
011_convert_20110729163829.jpg 


その後、上ノ国町まで走り町営の簡易風呂に入ります、何時間居ても200円ヤッス。
ここでしばらく粘り前の公園か上のキャンプ場で寝ようと思っています。
013_convert_20110729164542.jpg

日本一周48日目

今日も奇岩とトンネルが連続する道です。それでも所どころに砂浜が現われ海水浴場と
して賑わっています。
又229号線は追分ソーランラインと呼ばれ民謡江差追分、たらつり節などで唄われている
地名が有り親しみを感じます。(神威岬、忍路、高島、磯谷、オタモイ岬、歌しつ、美国、等)
 
寿都⇒島牧⇒茂津多⇒せたな⇒大成  121k
天気 晴れ

江ノ島海岸どこかで聞いた名前です。日本渚100選になっているそうです。
002_convert_20110728183912.jpg



奇岩の海岸が続きます。
005_convert_20110728184041.jpg 
006_convert_20110728184244.jpg 
007_convert_20110728184412.jpg 


今日の寝床大成野営場、日帰り湯が併設されています。汗臭い衣類の洗濯を済ませ
さぁ風呂に入りに行くぞ・・・
009_convert_20110728184634.jpg

日本一周47日目

北海道も入ってからもう33日経ち、大詰めをむかえています。
積丹から日本海をさらに南下します。積丹、岩内、寿都、せなだ、江差、木古内、函館の
ルートで走ります。今日を含め4日間を予定しています。函館で少しのんびりして本州には
8月1日か2日に渡ろうと思っています。

積丹⇒神威岬⇒岩内⇒寿都  95k
天気  晴れ 夕方にわか雨

今日も山が海までせり出した地形でトンネルの連続でした。しかも本州では考えられない
ような何キロ単位のトンネルも何本かありました。


神威岬に立ち寄ります。足下は断崖絶壁です。

001_convert_20110727161145.jpg
004_convert_20110727161454.jpg 


3,570メートルの雷電トンネル。自転車の走れる側道はありません、交通量が少ないから
なんとか成りましたが本州ならとても走れません。
008_convert_20110727161945.jpg 


2,754メートルの刀掛けトンネル。
010_convert_20110727162440.jpg 


変化にとんだ海岸線がずっと続きます。
005_convert_20110727161720.jpg 009_convert_20110727162216.jpg

日本一周46日目

今日は積丹半島に向け移動を再開します。
北海道の日本海側は留萌を境とし上と下では様子がだいぶ違います。
道北には無かった、水田、海水浴場もいたる所にあります。夏休みに入ったのか何処の
海水浴場も賑わっています。今夜のキャンプ場にも小さい子供を連れた家族の大きなテント
が何張りも有ります。

石狩⇒小樽⇒余市⇒積丹  114k
天気 晴れ 北海道に入って始めて30℃を超えました。
         11時頃の電光掲示  32℃


小樽で運河を見学、昔はこの運河が最大の交通機関だったのでしょう?
002_convert_20110726192602.jpg
 

赤レンガの建物も健在しています。
004_convert_20110726192753.jpg 

ライダー、チャリダーのあいだで有名な「おしょろ」1泊2食2,400円料理の量がすごいとの事
今回は時間が早いので、昼食に特製ラーメンをいただきました。毛ガニ等が入っていて美味し
かったです。
006_convert_20110726193035.jpg 


積丹ブルーと称される海の色です。
008_convert_20110726193211.jpg 

奇岩のローソク岩。
012_convert_20110726193553.jpg 


余市と言えばニッカでしょう、工場見学をさせてもらいました。
009_convert_20110726193429.jpg 


ニッカウイスキーの工場見学で遅くなりましたが予定の積丹のキャンプ場に到着です。
夕日の綺麗な所です。
013_convert_20110726193735.jpg

日本一周45日目

今日も宿泊地「KAZE」から往復44k掛け札幌まで出かけます。

石狩⇒札幌(市内ブラブラ)⇒石狩 81k
天気 晴れ

明日は積丹半島に向け移動予定です。


札幌市役所の観光課を訪ね、沼津市のPR活動を行う、ついでに札幌の観光情報を
仕入れます。

001_convert_20110725210403.jpg



きつい坂を登り大倉山ジャンプ台へ、実際に見ると凄い高度館です。
004_convert_20110725211500.jpg 

北大の学食で学生にまじって、遅い昼食を頂く、安くて美味しかったです。
006_convert_20110725211634.jpg

日本一周44日目

札幌に着きました。
日程に余裕が出来たので2,3日ノンビリします。
厚田から約30k走り石狩のライダーハウス「KAZE」に着きました。今夜はここに泊まり
ます。その後買い出しを兼ね札幌の街をブラブラし、「KAZE」に戻ってきました。
ここで凄い若者に出会いました。27歳から6年かけ自転車で世界一周をやっているとの事
ユーラシア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカの各大陸を走り終え、日本縦断して終了とのことで
す。凄い人がたくさんいます。

厚田⇒石狩⇒札幌往復   91k
天気  晴れ 夕方小雨


同じコースのため2日ほど一緒に行動している海老名からきた中高年チャリダー
稚内から函館まで走るそうです。
002_convert_20110724215343.jpg



札幌の街をブラブラします。
札幌駅
005_convert_20110724211055.jpg  

札幌旧庁舎  
006_convert_20110724211348.jpg 

北大ポプラ並木
010_convert_20110724212540.jpg

日曜日のこともあり大通り公園は賑わっています。
ビヤガーデンは大勢の人で大盛況でした。飲めないのが残念・・・
009_convert_20110724215755.jpg  

ガスとか食糧を買い込み大荷物になってしまいました。
011_convert_20110724212949.jpg 






日本一周43日目

増毛から雄冬に向け走っている時、追い越して行った125ccのライダーから突然呼び止め
られ「夢津軽さんではありませんか?」見ず知らずの方であっけに取られていました。
札幌在住のSさんで私のブログを見てくれて、出発の時、腹をこわした事、雨に叩かれた事
すべて知っていました。うれしいやら、恥ずかしいやら・・・
ありがたい事です。いいかげんな事は書けません。

もう一人帯広の「カニの家」で同宿だって65歳の電動ママチャリのおじさん、健在でした。
サイドバックの代わりに片方にはフトン袋、もう片方にはズダ袋を三個、ホームレス顔負け
のいでたちです。北海道に入って一か月以上経つみたいですが、それほど移動してなく
ライダーハウスを渡り歩いてとの事でした。ぜひ北海道一周を達成して下さい。


留萌⇒増毛⇒雄冬⇒浜益⇒厚田   104k
天気  晴れ

昨夜のキャンプ場で一緒だった海老名からきた、私より年上のチャリダーと行動を共に
しましたが、約束のキャンプ場には現れませんでした。大丈夫かなぁ・・・

001_convert_20110723143204.jpg



この街道はトンネルの連続です。北海道のトンネルは長く2kを超えるのもざらです。
交通量が少ないから良いものの、本州だったら走れません。
003_convert_20110723143346.jpg 

004_convert_20110723143529.jpg 

008_convert_20110723144359.jpg 


雄冬周辺は山が直接海に落ちている険しい地形です。少し前まで冬場は孤立してしまう
事もたびたびあったとのことです。
006_convert_20110723143807.jpg 

007_convert_20110723144001.jpg 


今日は余裕があると思い途中で日帰り湯に入ったのですが、けっちょく着いたのが
5時をまわってしまいました。
009_convert_20110723144532.jpg

日本一周42日目

今日は暑い一日でしたが湿気がなく本州のジメジメ感はありません。
北海道も南下すると日本海の色もだんだん青くなっていく様な気がします。小平で初めて
海水浴場を見ました。
これから日本海を南下にて行く事になります。暑さもいっそう厳しくなって来ると思います。
海を眺めながら、ゆっくりと南下します。

天塩⇒遠別⇒苫前⇒小平⇒留萌   127k
天気  晴れ

このルートはアップダウンの連続で思いのほかつかれました。


短いですがアップダウンが続きます、重荷にはじょじょにきいてきます。

001_convert_20110722175649.jpg



北海道にはキャンプ場がいたる所にあり寝場所にはこまりません。又温泉併用の所も多く
あります。
003_convert_20110722180319.jpg

 朝は向かい風でしたが、今は無風で風車も止まっています。
006_convert_20110722180617.jpg 

小平の鰊御殿
007_convert_20110722181225.jpg 

今日のねぐら、留萌黄金岬のキャンプ場、キャンプ場と言うよりただの空き地です。
ただなので良しとするか・・・
009_convert_20110722181721.jpg

日本一周41日目

家内が太陽を連れて来てくれたようです。一週間くらいは雨の心配がないようです。
礼文島を8時45分の一番のフェリーで島をはなれます。稚内着10時40分ここで家内と
別れ、旅を再開します。

稚内⇒抜海⇒サロベツ⇒天塩  91k
天気 晴れ

北海道本土から見る利尻富士、島全体が山体の一部、均整のとれた美しい姿です。

004_convert_20110721191704.jpg



オロロン街道。サロベツ原野の一本道、信号も電柱もガードレールもまったくありません。
利尻富士を右に見らがらの気持ちの良い道です。このままどこまでも走っていたい気分
になります。
005_convert_20110721191855.jpg 


この辺は強風が吹くのでしょうか、28連の風車、本土にはありません。
010_convert_20110721192514.jpg 

天塩川を渡り今日のねぐら鏡沼キャンプ場へ向かいます。
011_convert_20110721192702.jpg 

コンテナハウスですが、雨、露をしのげます。料金200円ヤッス。
スーパーの半額弁当で夕食を済ませます。今日も色々なチャリダーの方と知り合うことが
できました。
012_convert_20110721192858.jpg

日本一周40日目

昨夜のキャンプ場で二人の自転車海苔にお会いしました。
一人は千葉から来た青年で今年いっぱいかけ日本一周するとの事、コースも私と似ています
又どこかでお会い出来たらよいですね。
もう一人は70歳の現役チャリダー、北斗星で札幌に入り北海道を廻るそうです。諸般で今年
できなかった日本縦断を来年やるそうです。ぜひ実現させて下さい。

今日は家内とスコトン岬からの4時間コースを歩きます。
風ものすごく強く、気温も低く寒いです。とても夏の陽気ではありません。

久種湖(バス)⇒スコトン岬(徒歩)⇒ゴロタ岬(徒歩)⇒スカイ岬(徒歩)⇒久種湖(自転車)
⇒香深  約20k

天気 晴れ

今晩は民宿に泊まり、明日から道内を南下します。フトンに寝れるのも今日だけ、又野宿生活
です。


スコトン岬は年中強風が吹いています。今日くらいの風は茶飯事らしいです。

001_convert_20110720170331.jpg
 

海岸のすぐ近くですが、高山にいる雰囲気です。
004_convert_20110720170521.jpg 
005_convert_20110720170703.jpg

草原を渡る風、海原を渡る風   風が見えます。 
008_convert_20110720170845.jpg011_convert_20110720171025.jpg 

民宿の豪華料理、ウニ料理も4種類でてきました。野宿生活でろくな物を食っていない私には
★★★★★(星3ツ+2ツ)です。
013_convert_20110720190634.jpg014_convert_20110720190819.jpg

日本一周39日目

この時期「花の浮島」礼文島は多くの観光客で賑わいます。
フェリーから色々なタイトルを付けたツァーバスが何台も上陸してきます。
今日は家内と、元地港、桃岩展望台方面を観て廻りました。昨日は5時間くらい歩き、今日も
4時間くらい歩きました。自転車とは使う筋肉が違うせいか筋肉痛になってしまいます。
その後久種湖畔キャンプ場に移動しテントを張ります。明日はスコトン岬方面を散策予定
です。

香深(バス)⇒元地港(徒歩)⇒桃岩展望台(徒歩)⇒香深(自転車)⇒久種湖畔 24k
天気  曇り

トンネルを抜け西側に来ると荒々しい風景に変わります。

005_convert_20110719181256.jpg
001_convert_20110719181502.jpg 003_convert_20110719181653.jpg 009_convert_20110719181841.jpg 
 

花の浮島の名の通り色々な花が咲いています。名前が判らないのが残念です・・・
006_convert_20110719182222.jpg 007_convert_20110719182352.jpg

これが礼文島の固有種、レブンアツモリソウとの事。
011_convert_20110719182542.jpg


豪華客船が沖で停泊しています。客はボートで上陸してきます。船が大きく港に入れない
との事です。豪華船の旅  まぁ私には無縁ですが・・・ 
010_convert_20110719182029.jpg

日本一周38日目

今日は礼文島に渡ります。
キャンプ場から鴛泊へ戻ります。ここで稚内からフェリーに乗ってくる家内と合流します。
観光を兼ねての陣中見舞いです。
私のすぐ下の弟が札幌います。本人どうしは疎遠になっていますが、嫁どうしが仲良く
今回も札幌でランチをしてきたとの事。
礼文島で20日までのんびりします。今日は良い天気です。

沓形⇒鴛泊⇒フェリー⇒香深⇒礼文林道    15k
天気  快晴

セグロカモメの大群、ニャンニャンうるさいです。

001_convert_20110718193532.jpg



今日の利尻富士。
005_convert_20110718192636.jpg

008_convert_20110718192959.jpg

012_convert_20110718193212.jpg

013_convert_20110718193356.jpg 


この島の固有種  レブンウスユキソウ
009_convert_20110718193744.jpg

日本一周37日目

今日は利尻島をぐるりと一周します。
利尻富士も顔を出しています。距離も約60k景色を見ながらゆっくりと走ります。

沓形⇒仙法志⇒鬼脇⇒鴛泊⇒沓形  63k
天気  曇り

今夜も昨夜と同じ沓形岬のキャンプ場にテントを張ります。明日は礼文に渡ります。


東京から飛行機で利尻を走りに来た、十数名のグループと一緒になりました。

006_convert_20110717182459.jpg


利尻山は望む場所によって表情を変えます。

沓形から

003_convert_20110717181638.jpg
 

仙法志から、岩峰が天を突いています。
005_convert_20110717181835.jpg 

海越しの利尻富士。
007_convert_20110717182012.jpg 

鬼脇から。
009_convert_20110717182141.jpg 

オタトマリ沼から。
012_convert_20110717182329.jpg 

東側は霧で見通しがききません。
016_convert_20110717182644.jpg 

ペシ岬から見下ろす、鴛泊港。
018_convert_20110717182816.jpg

日本一周36日目

昨夜泊まったライダーハウス、ライダーハウスの看板はなく食事と休憩になっています、ガイド
ブックにも掲載はありませんが、一部のライダーには有名でリピータがあとをたたない理由
が良くわかりました。1泊2食寝具付2,000円、夕食うに丼、朝食もその辺の民宿の夕食なみ、
夕食後毛ガニ、ナマコのつまみでの宴会、たまげました。
私と同じ歳のご主人、漁に出る時は3時起きで一生懸命働いているのに大赤字覚悟で旅人
をもてなしてくれる。別段いばり口調でなく淡々と話す姿に人として器の大きさを感じました。 
そうして影で支えている奥さん。
こうゆう人に出会うとつくずく旅をして良かったと思います。

稚内⇒フェリー⇒鴛泊⇒沓形  28k
天気 霧雨⇒曇り

20日まで利尻、礼文で過ごします。
 

漁師のご主人と奥さんです。
001_convert_20110717061415.jpg

昨夜のライダーハウスに同宿の面々、自転車海苔は私だけでした。 

002_convert_20110716171027.jpg


フェリーで利尻島に渡ってきました。フェリーは大勢の客で賑わっています。登山者の何名
かいます。利尻山魅力的な山ですが、装備もありませんし、気持ちにも余裕がありません。
眺めるだけにします。
004_convert_20110716171203.jpg 

礼文島が下だけですが姿を現してきました。
005_convert_20110716171345.jpg 

沓形公園のキャンプ場、雰囲気の良いキャンプじょうです。今夜はここにテントを張ります。
008_convert_20110716171524.jpg 

17時30分、待望の利尻富士が頭を出しました。明日は晴れてくださいよ・・・
009_convert_20110716172541.jpg

日本一周35日目

猿払、風の強い村です。
昨夜、外のトイレに起き出すとオホーツクから強い風が吹いています。寒いです。
気温は一桁でしょう。本土の冬の気候です。
朝になっても風はおさまりません。雲も低く垂れこめています。
今日は距離も短く、向かい風で無いのが幸いです。完全武装で出発します。

猿払⇒宗谷⇒稚内  78k
天気  曇り

オホーツクは白波が立ち、いまにも降り出すような天気です。

003_convert_20110715182437.jpg
 


第2のチェックポイント宗谷岬。風が強いです。
30年以上前バイクで訪れたことが有りますが、その時の曲がまだ流れていました。
「流氷溶けて、はまなす咲いて~」
004_convert_20110715183114.jpg 


トイレは空港で、稚内空港。
008_convert_20110715183526.jpg 


野寒布岬。
北海道には似通った名前があります。
納沙布⇔野寒布  クッシャロ湖⇔クッチャロ湖  江差⇔枝幸
011_convert_20110715193709.jpg  

羅臼で一緒だったライダーに進められた。稚内の宿。 1泊2食2,000円、すごい宿です。
夕食はうに丼、 夕食後宿の大将が毛ガニ、ナマコの差し入れで酒宴です。
ガイドブックに無く、口コミで広まっているようです。北海道へ来たときはぜひ。
012_convert_20110715184002.jpg

日本一周34日目

北海道に入って20日経ちましたが、まともに晴れたのが2日だけ、北海道のイメージ
が崩れます。太陽よ早く顔を出してくれ。

雄武⇒枝幸⇒浜頓別⇒猿払  131k
天気  雨

今日も朝から本降りです。雨の中猿払まで130k・・・
まあ「日々是好日」飴でもなめながらゆっくりはしります。


昨夜も日帰り湯で時間をつぶし、その後キャンプ場の廃屋になった野外ステージに
テントを張ります。

001_convert_20110714184351.jpg
 


「紺碧のオホーツクをバックに牛がのんびり草を食む」のイメージですが、雨、気温15°
牛も出ていません。寒いです。
003_convert_20110714184541.jpg 


雨は上がりましたが、まだ不安定なのでライダーハウスに逃げ込みます。
北海道一周の伝統的ランドナー乗りと海外を旅し沖縄までママチャリで帰るという若者
と同宿。
006_convert_20110714184716.jpg

日本一周33日目

昨夜日帰り湯から出る時はどしゃ降りです。キャンプ場まで2kもあります。せつかく温まった
のに・・・
敷地の中に廃線になったホームをそのまま保存しています。屋根付きです。文句を言われる
ことを覚悟でここにテントを張ります。夜遅くライダーのお兄ちゃんもずぶ濡れで逃げ込んで
きました。

湧別⇒紋別⇒興部⇒雄武  102k
天気  曇り⇒雨

ここのおかげで昨夜は助かりました。朝には雨が上がり出発です。

002_convert_20110713185106.jpg


隣りには何百万でも買えない高級キャンピングカーが何台も停まっています。
彼らには雨も関係ないようです。
003_convert_20110713185248.jpg 

きれいな空港のトイレを借ります。オホーツク紋別空港ここも閑散としています。
004_convert_20110713185459.jpg 

紋別港、紋別市には観光施設を含め色々な立派な施設がありますがどこも閑散として
います。ハナカミさんでなくても心配になります。
007_convert_20110713185630.jpg 

日の出岬キャンプ場、食糧買い出しに余分に20k走ります。
地面が濡れているから、いやだなぁ・・・
明日も天気は思わしくありません。いい加減にしてよ・・・
008_convert_20110713185824.jpg

日本一周32日目

今朝起きがけ雨に降られ、朝食を食べないまま出発します。毎日雨にたたらいています。
北海道らいいカラッとした晴天はいつ戻ってくるのでしょうか。
 
網走⇒常呂⇒サロマ⇒湧別   92k
天気 雨⇒曇り

網走から常呂まで30kも続く廃線跡を利用したサイクルロード、行き交うチャリダーは
いません、一人では寂しいくらいです。

002_convert_20110712180425.jpg
 


朝めしを食べていないので腹がへって力が出ません、途中の公園でテントを乾かしながら
米を炊き腹ごしらいします。

003_convert_20110712180605.jpg 


キムアネップ岬から望むサロマ湖。
004_convert_20110712180745.jpg 


サロマ湖
006_convert_20110712180912.jpg 


佐呂間にあるツーリングトレイン、宿泊出来るようになっています。1泊300円。
007_convert_20110712181045.jpg
 
今湧別の日帰り湯にいます。最後まで粘りねぐらを探します。今夜も雨が降るとのこと。
いやになってしまいます。
008_convert_20110712181228.jpg

日本一周31日目

知床峠を越え網走まで来ました。呼人浦キャンプ場にいます。また雨が降り出して
きました。 
今日12日明け方から本降りテントはビショビショです。今から出発の準備です。
北海道らしい天気はいつ戻ってくるのだろうか・・・


 
羅臼⇒宇登呂⇒斜里⇒網走   124k
天気 曇り
 
昨日泊まったライダーハウス白樺50畳位の部屋に2名でした。今は旅人が減って
全盛期の10分の1だそうです。以前は色々なイベントを企画していたそうですが今年
いっぱいで閉鎖するそうです。
 
001_convert_20110711202124.jpg



知床峠の登りです。上のほうはガスがかかり見通せません。
002_convert_20110711202307.jpg 


上部まであがると下界は雲の中です。
004_convert_20110711202454.jpg 


なんとか峠にたどりつきました。羅臼岳は霧で望めません。
008_convert_20110711202811.jpg 


オホーツク海へ降りてきました。平坦な道を斜里へ向かいます。
010_convert_20110711203008.jpg 


小清水原生花園、色々な花が今を盛りと咲いています。
012_convert_20110711203200.jpg


網走市役所に立ち寄り沼津の観光PR、網走の天然水を頂きました。
018_convert_20110711203338.jpg

日本一周30日目

今日は移動せずに羅臼の温泉巡りでもします。
昨夜から降り出した雨が朝になってもあがりません。今日は時間に余裕が有るので2度寝
します。下田から車に自転車を積んで来た3人組は知床峠へ出て行きました。1人は車で
追いかけるとの事。
10時になっても雨は降り続いていますが、しびれを切らし出て行きます。知床の羅臼側の
道路の終点まで行くことにします。

雨の中、羅臼でブラブラした距離  53k
天気  雨⇒夕方から曇り

明日は知床峠越え、予報は曇り、雨の心配はないようです。峠まで16kあの荷物で越える
ことが出来るだろうか。押して登るのも不可能です。「富士山周辺の峠で鍛えた脚を見せつ
けてやる」と思いつつ不安でいっぱいです。

泊まったライダーハウス、屋根裏ですが昨夜の雨,テントでなく良かったです。

002_convert_20110710203322.jpg


道路脇で平気で草を食べているエゾシカ
004_convert_20110710203503.jpg 

ここが終点です。先端の知床岬へは海から行くか山越えして行くか、どちらにしても非常に
困難です。
006_convert_20110710203932.jpg 

羅臼の露天風呂を見て廻ります。すべて無料です。
相泊温泉。入ってきました熱い湯です雨に濡れた体にはたまりません。
005_convert_20110710203710.jpg 

セセキ温泉
008_convert_20110710204108.jpg 

熊の湯
009_convert_20110710204322.jpg

日本一周29日目

別海のキャンプ場は日帰り温泉が近くに有り、又幹線道路の近くで便利です。
テントは数張り、後はキャンピングカーと車中泊の車です。一般的な観光旅行は判りませんが
今北海道を旅している人の中で圧倒的に多いのが仕事をリタイヤした人の車中泊の旅です。
次がバイク、一昔前のような若者の一人旅は極端に少なくなっているそうです。
世の中厳しくなってきているのでしょうか・・・

別海⇒中標津⇒羅臼  108k
天気  晴れ

明日は天気が思わしくないようですが知床半島の羅臼側の道のどんずまりまで行ってみます。
知床峠は明後日越えようかなぁ・・・

朝は濃霧でしたが天気は回復してきます。車中泊の人たちはゆっくりしています。
連泊する人が多いようです。

001_convert_20110709200942.jpg


トイレを借りに中標津空港に立ち寄ります。客の姿がなく閑散としていました。
003_convert_20110709201147.jpg 

開陽台。バイク乗りの聖地、「地球の丸さを感じることができる」がうたい文句だそうです。
007_convert_20110709201346.jpg 


海岸線に下りると国後が近くに望めます。
010_convert_20110709201537.jpg 


今日の宿は以前ヒグマが家に入り荒らされた事を売り物ににている民宿のライダーハウス
宿泊者は私を含め6名です。
012_convert_20110709201715.jpg

日本一周28日目

昨夜から雨になりました。テントも濡れ、寝袋も、体までもしめっぽいです。
小雨の中納沙布岬を目指します。今日も見通しが利きません。

根室⇒納沙布岬⇒根室⇒厚床⇒別海   114k
天気  霧雨⇒雨

別海の日帰り湯で何日かぶりに入浴、体重が出発時より3k落ちていました。
腹がへって普段の倍ちかく食べているのですが・・・

明日は標津、羅臼を目指します。


納沙布岬に続く道、昨日同様見通しが利きません。シカ飛び出し注意の看板がいたる
所にあります。路肩に交通事故死したシカ2頭、キツネ1匹が転がっていました。

001_convert_20110708191721.jpg
 


目標の一つ、本土最東端納沙布岬到着
002_convert_20110708191912.jpg 


帰りがけ根室市役所に寄り沼津のPRを行う。
004_convert_20110708192053.jpg

日本一周27日目

ライダーハウスを少々遅めに出発します。
30分ほど走ったところで追いかけて来た一台の車に呼び止められました。なんと
サイドバックの一個を届けてくれたのです。後ろの方なので落ちたのに気が付きませ
んでした。正確に取り付ければ外れない機構になっています。私のやりかたが悪
かったのでしょう。重大ミスです。戻って来たから良いものの無くなったら旅を続け
られません。おおいに反省です。 

厚岸⇒霧多布⇒浜中⇒厚床⇒根室手前   112k
天気 晴れ 霧多し

暫らく風呂に入っていません、明日は入るぞ・・・


厚岸大橋を渡り国道から離れ海岸線を走ります。
001_convert_20110707172354.jpg
 

厚岸の近くにあるアヤメの群生地、今が盛りです。
005_convert_20110707172551.jpg 

海岸線は濃い霧で景色はみえません。そのうえアップダウンがきついです。
国道を走った方が良かったかなぁ・・・
007_convert_20110707172748.jpg 

適当な寝場所が見つからず、春国岱野鳥公園の駐車場の片隅を借りてテントを張ります。
夜、雨になってしまいました。
010_convert_20110707172931.jpg

日本一周26日目

今朝は起き掛けに雨です。テントを濡らしたくないので管理棟へ避難します。
予報も悪くないし、空も明るい、すぐに止むだろう。待つことにします。
案の定7時には上がりました。出発の前にここから1.5k林道の奥まった所にある
湯の滝を見に行きます。

オンネトー⇒阿寒湖⇒双岳台⇒弟子屈⇒標茶⇒厚岸  154k
天気  曇り⇒晴れ

朝7時から夕方6時までほとんど乗りっぱなしでした。
昨日、今日と峠越えで少々疲れました。明日は短めを予定しようと思っています。


それほど熱くはありませんが、温泉が流れ落ちています。
001_convert_20110706210912.jpg


阿寒湖に着きました。
004_convert_20110706211248.jpg 

温泉街は閑散としていました。
002_convert_20110706211053.jpg 


双岳台まで辛い登りが続きます.途中北海道のかたちをしたペンケトーが見えます。
005_convert_20110706211459.jpg 


弟子屈、標茶を経由して厚岸に下りてきました。ライダーハウスへは逆方向へさらに
10k走らなければなりません。
厚岸ライダーハウス。
外観に反し中は主人の手作り感のする部屋です。泊まった人の写真と感想が書かれた
ノートがあります。みなさん居心地の良さを絶賛しています。
007_convert_20110706211751.jpg

日本一周25日目

今日はは晴天です。ライダーたちが一斉に出て行きます。
私もお世話になった「カニの家」とおさらばし2日ぶりの移動です。
日差しは強いですが、気温はそれほど高くはありません。本土の様なジメジメ感は無く
カラリとして気持ちが良いです。

帯広⇒音更⇒士幌⇒上士幌⇒足寄⇒オンネトー国設野営場   136k
天気   晴れ⇒曇り

昨夜は電波が圏外で1日遅れの更新です。


十勝川を渡り士幌、上士幌を目指します。
001_convert_20110706194018.jpg



帯広から上士幌一帯も広大な畑が続きます。
002_convert_20110706194215.jpg 


峠を一つ越え足寄にやってきました。 旧足寄駅は食堂に変身しています。
かき氷をいただきました。
003_convert_20110706194403.jpg 


松山千春の「大空と大地の中で」が流れています。私も好きな歌です。特に
「歩きだそう、明日の日に、ふりかえるにはまだ若い」 還暦過ぎの私が言うのも
おかしいですが・・・
004_convert_20110706194558.jpg 


国道から分かれオンネトへの登りは重荷にはこたえました。
オンネトー国設野営場、林の中の暗ぼったい昔風のキャンプ場です。テントは私を含め
3張りですが雌阿寒岳登山の中高年の車中泊5~6台。
圏外でブロブの更新出来ず。
008_convert_20110706195032.jpg

日本一周24日目

まだ「カニの家」にいます。   三連泊です。

 走行距離  0k
 天気  雨

帯広市が運営するログハウスのライダーハウスです。管理が行き届き清潔感のある施設
です。
40年代帯広駅などに寝泊りしている若い旅人のために地元の人がテントを設営し宿泊
場所を提供したのが始まりだそうです。
禁酒、禁煙です。その他にもいろいろなルールが定められています。夜8時にはボランテェア
の指導員が本人確認の点呼にきます。主出現をさけるため、三連泊を限度としています。
一昨日4名、昨日8名の宿泊者でした。騒ぐことも無く居心地は良いです。
昨夜から雨です。大阪から来ていた日本一周の自転車海苔、飛行機でいったん家に帰る
ことで朝出て行きました。他ライダー5名、自転車海苔2名はそのまま連泊です。

同宿の66歳の自転車海苔ある意味凄いです。
長距離走行の経験は無く、電動のママチャリで大洗からフェリー来たそうです。
コンビニ、とか市役所などで充電させて貰いながら、北海道を20日以上走っているそうです。
驚いたのは、予備のチューブ、空気入れも持っていません。持つことすらわからなかったよう
です。テントと寝袋は持っているようですが、コンロ、食器は無いとの事。
無理して体がガタガタそうです。握力が無く、足も上がらないとの事、暫らくここで休むとの
事でした。
私の乏しい知識でアドバイスしておきました。気をつけて北海道一周して下さい。


掃除がゆきとどき清潔感のある内部
001_convert_20110704121244.jpg
 

女性専用部屋、洗面所、シャワー室も有ります。
これで無料は信じられません。あっぱれ帯広市。
004_convert_20110704122521.jpg

日本一周23日目

今日はカニの家へ連泊し、北海道の大地、十勝の畑を見て廻りました。
十勝帯広空港、帯広市内を見学し結局   63k走ってしまいました。
天気  曇り

明日は全道雨予報、居心地も良いし、無料だしもう一泊しようかなぁ・・・

広大な畑の中まっすぐな一本道がどこまでも続きます。

010_convert_20110703182415.jpg


002_convert_20110703181248.jpg 

003_convert_20110703181424.jpg 

004_convert_20110703181620.jpg 

006_convert_20110703181802.jpg

009_convert_20110703181948.jpg 

011_convert_20110703182123.jpg 

016_convert_20110703182814.jpg

日本一周22日目

一度海岸線を離れます。
今朝もカラスの鳴き声に起こされます。キャンプ場では必ずというくらいテントの真上で
なにか恨みでも有るかのように大きな声でわめきます。
私と同世代の車中泊の釣り人二人、朝早く出ていきました。二週間ここに滞在して
サクラマスを狙い。その後羅臼に移動するとの事です。
昨夜の炊き込みご飯の残りとお茶を飲み7時前には出発します。

広尾⇒大樹町⇒中札内⇒帯広大正カニの家    69k
天気 曇り時々霧雨⇒晴れ

昼には着きましたが今日はここまでです。明日も連泊してジャガイモ畑をポタリングでも
しようかと考えています。大正カニの家帯広市が運営する無料のライダーハウスです。


牧場や広大なジャガイモ畑のなか信号の無い直線道路が続きます。

002_convert_20110702140810.jpg

一面のジャガイモ畑です。
003_convert_20110702140955.jpg

 
一時大ブームになった広尾線「幸福駅」今でも愛国⇒幸福の切符が販売されていました。
005_convert_20110702141128.jpg 


大正カニの家、なんで内陸部なのにカニなの?
 一昔前、横長の大きなリック(キスリング)を背負い多くの若者が北海道を旅しましその歩く
姿から「カニ族」と呼ばれていました。今は若者の旅人が少なくなっています。
006_convert_20110702141256.jpg
プロフィール

旅の轍

Author:旅の轍

現在のお客様
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
フリーエリア
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード