スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士川まで

納涼ポタで陣馬の滝、芝川方面とも思ったのですが、イマイチ乗り気がおきません。
とりあえず富士川まで走ります。10時半には帰宅。自転車旅の番組を観ながらゴロゴロ
してます。

                                            45k

前使っていたGPSレシーバーが不調で、新たにポチしました。文字が小さく見づらいです。

 

二年前の台風で堤防の松は大きな被害をうけました。伐採作業が進んでいます。
 

港公園。梅雨が明け何日も経ちますが富士山は顔を出してくれません。
スポンサーサイト

富士宮口 五合目

世界遺産の富士山。皆さん五合目に通っている様子。
私もと思うのですが、家から標高差2400m。二の足を踏んでしまいます。このまま
登らないと、登れなくなってしまいます。
濃い霧で眺望ゼロのでしたが、今年もなんとか登ることできました。


家から今宮、十里木までの苦しい登りを終え、広域林道に入ります。
                            今日の富士山は完全に雲の中です。

 

一般車両規制で交通量の少ない登山区間を登り高鉢まで来ました。
                                   濃い霧が立ち込めています。

 

あと5k、400mの登りです。
 

五合目も濃い霧の中、登山者も少ないです。


途中小雨に降られ、濃霧の中慎重に下り御殿場経由で帰宅。

植村 直己

植村直己冒険館から冊子が送られてきました。

生前の植村さんとは今から35年くらい前、私がまだ20代の頃あるパーテーでお会いした
事があります。
植村さんが犬橇で北極圏の旅を終えた頃だと記憶してます。当時山をやっている人や
冒険者たちには植村さんは憧れの人であり、雲の上の人でもありました。
植村さんの謙虚で気さくな人柄に憧れている人多く、私もその一人でした。
何を話したかは覚えていませんが、握手をしてもらった手の感触は今も残っています。

 

植村直己冒険館は彼の故郷、兵庫県日高町にあります。
日本一周の折どうしても訪ねたくて海岸線を離れ遠回りして寄らせてもらいました。
スタッフの方々暖かく迎えられ、取材を受け、HPに掲載してもらいました。
今冒険館は旅人の聖地になっています。


初夏の信州路

14日

今日はかめ組に入れてもらい出発します。

 

北アルプスを見ながらmomongerさんの説明を聞きます。
 

かめ組と云えども結構な坂が続きます。
 

高ボッチから下って来た、うさぎ組と合流に塩尻峠を越えます。
私はここで離脱します。
 

一人、諏訪湖沿いの道を走ります。
 

上諏訪から輪行、スーパーあずさに乗り込みます。

初夏の信州路

13日

集合場所小渕沢駅に自転車海苔が集まってきます。
うさぎ組、かめ組に別れ出発します。

 

信州の風を感じながら高原道路を走ります。
 

白樺湖を見降ろしながら昼食タイムです。
 

ニッコウキスゲの群落、今年は例年になく花が多いとの事。
 

八島湿原にも可憐な花たち咲きそろっています。
 

諏訪大社にも立ち寄ります。
 

脇本陣momonger邸に到着です。

初夏の信州路

momongerさん主催、信州の高原、初夏サイクリング計画に便乗させてもらいます。

12日
集合場所の小淵沢まで自走します。

暑さのせいなのでしょうか波打ち際が泡立っています。


富士川をさかのぼります。富士山は顔を出しません。


11時前なのにこの気温です。


新富士川町でひと休み。スポーツドリンクを一気飲み、渇いた体に染み込んでゆきます。


ガムテープはいつも持参、重宝します。固定バンドが切れてしまいました。


ここまで来ればもう少し、暑かった。


今夜のねぐらは道の駅、信州蔦宿

ボランティア

市の社会福祉協議会の依頼でグループホームへボランティア演奏に行ってきました。
マジック、紙切り芸、舞踊、講談、ハーモニカ等の芸達者が集まって約1時間半の公演
です。
以前はイベントやパーテーなどで良く弾いていましたが、ここ暫らくは御無沙汰、人前で
弾くのは久しぶりです。
津軽出身のおばあちゃんはじめ、皆さんに喜んでもらい此方まで嬉しくなりました。

じょんから節を弾きます。

003_convert_20130709222552.jpg
 

プロ級の講談。「瞼の母」、番場の忠太郎にお年寄りは涙です。
001_convert_20130709222329.jpg

植木屋家業

暮れと 今の時期は植木屋は忙しいです。特に松の芽摘み今を逃すと出来なくなります。
雨の日が続きますが、多少の雨では休む訳にはいきません。
自転車に乗れない日が続き、少々欲求不満ですがもう少しの辛抱です。

雨にけむる中カッパを着て剪定に励みます。
プロフィール

旅の轍

Author:旅の轍

現在のお客様
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
フリーエリア
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。