大空と大地の中で (3)

8月16日(月)
  出発する頃は雨もあがり太陽が照りつけています。雨で濡れてる1本道を狩勝峠を
  目指します。ダラダラとした登りは続きますが、激坂もなくあっけなく峠到着です。
  峠100選で石狩平野、十勝平野ど眺望が素晴らしいです。
  峠を下った所がそばの産地、新得です。そば畑は白い花盛りです、時間が早くそば
  を頂くことは出来ませんでした。
  鹿追から然別湖までは直線的な登りが延々と続きます。暑いです、ともかく暑いです
  この日関東地方は38℃を越えてたそうです。
  幾人ものオートバイ乗りが追い越し際に手をあげて行きます。激励しているのは解り
  ますがイマイチ素直になれません。「あんたにこの辛さがわかるか・・・・」
  天の助け小さなスーパーがあります。牛乳500cc一気飲み、カップのかき氷アイスを
  丸かじりし体を冷やします。
  然別湖からは日陰も有り、高度も上がったためか大分楽になりますた。峠を又一つ
  越え糠平へ入ります。
  今夜はゆうべ予約を入れておいた「東大雪ぬかぴらユースホステル」に泊まります。
  ユースホステルは若者の安宿のイメージですが、今は利用者のほとんどが中高年
  しかもリピーターが多いそうです。
  今夜のお客は男性7名、女性2名、私の他は高級バイクに乗った中高年です。
  夕食はみんな一緒に食べます。29年連続で毎夏来ている人、5月に
来て又 夏に来
  た人、皆この宿の常連のようです。
  自転車の事誉められました。今日の事、明日越える峠の事、スゴイ、スゴイと、嬉しく
  なります。  「ライダーもなかなか良い人たちではないか・・・」
  夕食後、男性陣はオーナーの車で10kほど離れた秘湯ホロカ温泉の露天風呂に
  連れて行ってもらう事になりました。星の奇麗な夜です。エゾ鹿も現れました。
  ライダーも自転車海苔もみな旅人、対抗意識も消えて無くなりました。


昨夜の大雨もアズマ屋のおかげで濡れずにすみました     雨上がりの1本道を峠に向け走ります
2010+08+16_2021_convert_20100826220556.jpg 2010+08+16_2024_convert_20100826220649.jpg

  狩勝峠到着です                   遠く十勝平野を望みます
2010+08+16_2025_convert_20100826220735.jpg 2010+08+16_2026_convert_20100826220820.jpg

                新得はそばの産地一面のそば畑です
2010+08+16_2029_convert_20100826220906.jpg 2010+08+16_2031_convert_20100826220957.jpg 

                 道路は脇の原生林
2010+08+16_2032_convert_20100826221049.jpg 2010+08+16_2035_convert_20100826221128.jpg

  やっと然別湖に着きました             さらに峠を越えます
2010+08+16_2034_convert_20100826221229.jpg 2010+08+16_2036_convert_20100826221325.jpg

                           みんなで一緒に食べます                              
 
東大雪ぬかぴらユースホステル                    しゃれた夕食です           
2010+08+16_2037_convert_20100826221409.jpg 2010+08+16_2038_convert_20100826221453.jpg


8月17日(火) 
    今日は北海道の国道で標高が一番高い三国峠を越え層雲峡、上川へ向け走ります。
  昨夜フトンに寝れたので調子はよいです。原生林の1本道には「ヒグマ注意」、
  「鹿飛び出し注意」の看板がいたる所にあります。たしかに地表をササに覆われた
  密林いつヒグマが出てもおかしくない雰囲気です。
  途中広い盆地にでます。ここは廃線になった士幌線の終着駅「十勝みつまた」です。
  当時の賑わいは無く、今は樹林の中に2軒だけが残っています。
  三国峠への本格的な登りにかかります。坂はきついですが昨日のような暑さはあり
  ません、眺めも最高です。眼下の樹海、遠くの山々まで見渡せます。
  峠から層雲峡まで一気の下りです。途中子グマが出たと騒いでいました。残念ながら
  私には見ることが出来ませんでした。
  層雲峡の手前に3.3㎞の長い銀河トンネルが有ります。車道と歩道とがはっきり分か
  れています。怖いので歩道を走ります。大型トラックやバスがすごいスピードで走り抜け
  ます。風圧でよろけます。北海道の道は、広く走り易いですが車はスピードを出します
  高速道路を自転車で走ってる様な気にもなります。
  2本の雄大な滝を見学し、ビジタセンターで層雲峡の成り立ちを教わりました。
  上川で自転車をたたみ遠軽まで1時間半の輪行です。再び組み立て今夜のねぐら
  湧別の道の駅急ぎます。ここは日帰り湯と併設です。10時の閉館までねばり、キャ
  ンプ禁止の看板を見ない振りをしテントをはりました。

   
  昭和62年廃線になった士幌線      糠平湖 渇水期には士幌線の陸橋が現れるそうです
2010+08+17_1998_convert_20100827005032.jpg 2010+08+17_2002_convert_20100827005117.jpg

 かつての終着駅 十勝みつまた           三国峠を目指し登ります 
2010+08+17_2004_convert_20100827005204.jpg 2010+08+17_2007_convert_20100827005246.jpg


   峠到着                          恐怖の銀河トンネル
2010+08+17_2009_convert_20100827005329.jpg 2010+08+17_2010_convert_20100827005408.jpg 

              2010+08+17_2011_convert_20100827005454.jpg 
                            

                            遠軽駅から再び走ります
2010+08+17_2016_convert_20100827005537.jpg 2010+08+17_2020_convert_20100827005619.jpg


     つづく  第2ステージ オホーツクへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

旅の轍

Author:旅の轍

現在のお客様
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード