錦秋の秋葉街道

3日の文化の日が金曜日に振り替えで3連休になりました。以前から秘かに計画していた
秋葉街道のツーリングに出かける事にしました。
茅野から入り天龍二俣に抜ける2泊3日の予定です。今の時期、野宿はけっこう寒いです
が今年最後と思い野宿します。天龍スーパー林道も含め高度差のある6ツの峠を越える
ハードなコースです。途中で挫折したら飯田線へエスケープも考えていました。
身延線で甲府に行くのは何十年ぶりです。若かりし頃キスリングを背負い最終の甲府行
に乗ったものでした。甲府で「スーパーあずさ」に乗り換え茅野へ向かいます。
雲ひとつ無い穏やかな天気です。甲斐駒、八ヶ岳も間近に望めます。

自転車を組み立ていつものスタイルで11時すぎに出発します。カラマツが黄色く色ずいた
道を杖突峠をめざし登ります。

2010+11+05_2942_convert_20101107205903.jpg
  2010+11+05_2943_convert_20101107205956.jpg

    峠からは諏訪盆地が一望できます。 
     2010+11+05_2944_convert_20101107210037.jpg

            高遠までは里山の風景中気持ち良い下りが続きます。
                 2010+11+05_2945_convert_20101107210137.jpg 2010+11+05_2948_convert_20101107210233.jpg 2010+11+05_2949_convert_20101107210334.jpg 

美和湖畔の道の駅で焼きたてのパンを頂いた後、2ツ目の分杭峠のキツイ登りにかかり
ます。この峠は最近「ゼロ磁場」なるパワーポイントして注目を集めています。
ふもとからシャトルバスも出て、こんな山奥にふさわしくない人出で賑わっていました。

                                  2010+11+05_2951_convert_20101108190129.jpg
  
この一帯は中央構造線が走りっいます。その断層が地上に出ている、北川露頭を見学
しますが、イマイチ良くわかりません。マックさんの解説が必要です。
大鹿村へは崩落のため通行止めの看板が出ています。ここを通過できないと、計画を
大きく変えなければなりません。現場まで行って見る事にします。
2010+11+05_2953_convert_20101107210604.jpg 2010+11+05_2954_convert_20101107210656.jpg
 
    なんとか渡れそうです(自己責任で)荷物をおろし2往復して渡ります。
           2010+11+05_2956_convert_20101107210746.jpg
 
        大鹿村まで下り今夜のねぐらをさがします。         68㎞
          2010+11+06_2905_convert_20101107212217.jpg 

昨夜は冷え込みました。
刈り入れの終わった田んぼも一面霜で真っ白です。アズマ屋のおかげで霜にあたらず
にすみました。
持っている物すべて着込み冷たい空気の中出発です。
 2010+11+06_2906_convert_20101107212300.jpg 2010+11+06_2907_convert_20101107212345.jpg

      山の上には陽が当たっていますが谷間にまでは届きません。
 2010+11+06_2910_convert_20101107212445.jpg 2010+11+06_2911_convert_20101107212713.jpg

  小さな地蔵が祀られている地蔵峠を越え、さらに最高地点しらびそ峠への長い登り
  が続きます。
           2010+11+06_2914_convert_20101107212809.jpg

2010+11+06_2915_convert_20101107212851.jpg 2010+11+06_2918_convert_20101107213153.jpg
 
 峠からは赤石、荒川、聖等の南アルプスが手に取るようです。
              ふりかえると全山秋色に染まった山肌が陽に輝いています。
           2010+11+06_2919_convert_20101107213240.jpg

       昔隕石が落ちてできたクレーター跡とのこと
      2010+11+06_2925_convert_20101107213359.jpg
 
 激坂の下りの始まります。ブレーキレバーを握りぱなしです。リムが熱くなってくるので
 休み休み下る事にします。
 「天空の里」と呼ばれている、下栗地区まで下ってきました。急な斜面にへばりつく様
 に家が建っています。5月に走った四国の祖谷にも同じような風景がありました。 
 なぜこの様な土地へ住み着いたのでしょうか。昔は生活がいかに大変だった容易に
 想像できます。
 2010+11+06_2928_convert_20101107213535.jpg 2010+11+06_2932_convert_20101107213634.jpg

     そば定食を頂きますキビの入ったごはんです。そばも昔風味の懐かしい味です。
          2010+11+06_2927_convert_20101107213451.jpg
  
  さらに下り谷間の国道に合流し、資料館で遠山郷の歴史等を勉強します。 
           2010+11+06_2933_convert_20101108224412.jpg
 
青崩峠を目指し三たび登ります。ひたすらペダルを漕ぎます。峠近くでまたしても大きな
崩落です。渡ることができません。仕方なく兵越峠の分岐まで引き返します。

2010+11+06_2936_convert_20101107213809.jpg 2010+11+06_2937_convert_20101107213854.jpg

  登り返す元気はないのですが、ここを越えなければ遠州には出れません。
 2010+11+06_2938_convert_20101107213949.jpg 2010+11+06_2940_convert_20101107214032.jpg

峠からは又激下りです。ブレーキがリムを削っている音がします。出かける前に整備した
つもりですが・・気が気ではありません。リムの破損がトラウマになっています。
水窪まで下ってきました。どこかの食堂で夕食を食べたかったのですが看板は有るものの
何処も営業していませんでした。

今夜は林道の奥まった公園の一角です。町の灯りも見えず、ちょっと気持ちの悪い所です。
残り物を食べ7時前にはシュラーフに入りました。寒さは昨日ほどではありません。 98㎞
             2010+11+07_2890_convert_20101107221105.jpg
 
今日は山住峠まで上がり天龍スーパー林道を走ります。雲が多いですが雨の心配は有り
ません。天龍川の支流沿いに10㌔以上の登りが続きます。辛い登りですが、山々の紅葉
が気持ちを和らげます。

2010+11+07_2891_convert_20101107221145.jpg 2010+11+07_2892_convert_20101107221230.jpg 2010+11+07_2893_convert_20101107221320.jpg 2010+11+07_2897_convert_20101107221543.jpg
           2010+11+07_2898_convert_20101107221625.jpg

アップダウンを繰り返し秋葉神社まで下ってきました。鳥居から本殿までの急な参道は
疲れた足にはけっこうこたえます。

2010+11+07_2900_convert_20101107221714.jpg 2010+11+07_2902_convert_20101107221751.jpg

    激坂を国道まで下り船明ダムを経由し天龍二俣到着 13時30分   71㎞
              2010+11+07_2904_convert_20101107221828.jpg  
                                                       輪行で帰宅 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

秋葉街道走破、お疲れさまでした。
野宿が出来るのは夢津軽さんの強みですね、自転車に寝袋を積めば
夢津軽さんに行けない道はないですね。

No title

相変わらずアドベンチャーなコースですね。
まね出来ません。

私が走ったところは、山住峠~天龍スーパー林道だけ。
いつか、他のところも走ってみたいです。
特に下栗は。

多分行くとしても、分割(笑)で…

No title

Fjioruさん、こんばんは。
天気に恵まれスケールの大きな紅葉を楽しむ事が
できました。八紘嶺の紅葉も良かったみたいですね。
この齢での野宿は色々辛いものが有ります。ホームレスに
間違われない様にしなくては(笑)・・・


Mさん、こんばんは。
下栗の里はお勧めです。日本にもあのような風景が有るのか
感動ものでした。
もっとも今は10万円やるから、もう一度行けと言われても
いやですが(笑)・・・


                           夢津軽
プロフィール

旅の轍

Author:旅の轍

現在のお客様
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
フリーエリア
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード